【Vol.232】あなたの目に“まだ見えていない”もの

※本メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

 本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
┃ ┃ 『実践ビジネス英語講座』 メールマガジン     
┣━┛ 
┃    グローバルリーダーへの道          2016/09/22 配信
┃                   ★キャンペーン締切間近!★
┃                   『実践ビジネス英語講座』全コース
┃                    9/27まで受講料が【最大21%OFF】
┃                   ∟ http://goo.gl/h9cyE7
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 今号のメルマガは「グローバル思考」についてです。このメルマガを読ん
 でいる読者のみなさんは、日本国内でビジネスを展開するだけでなく、グ
 ローバルに活躍の場を求めていると思います。では具体的に「グローバル
 にビジネスを展開する」とはどういうことを指すでしょうか?

 書籍『日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。』(い
 ろは出版)の著者で、コピー用紙の裏を広告にする代わりにコピー代を無料
 にする「タダコピ」という広告モデルで大学在学時代に起業した太田英基
 氏は、起業して1年経った頃、ある外資系コンサルタント(マッキンゼー・
 アンド・カンパニー元日本支社長の横山禎徳氏)から上記のような質問を受
 けたと同書の中で述懐しています。

 同書によると、その質問に対し、太田氏は自信を持って以下のように答えた
 と言います。「良いアイデアが浮かんだら、まず東京でやってみる。東京で
 うまくいったら、大阪へ。そして名古屋に。東名阪でうまくいったら北海道、
 九州などに広げて全国で展開する。日本でうまくいったら韓国、中国、東南
 アジア、そして米国などに広げていく。これがグローバルにビジネスを展開
 することだと思います」――。

 当時、太田氏は「タダコピ」を早く全国に広げて、次は中国と韓国に展開す
 ることを考えていました。迷いはなく、それが間違いない正解だと太田氏は
 自信を持っていました。太田氏の回答はビジネススクールでは、カスケード
 モデルとして教えているグローバル展開の仕方で、A地域→B地域→C地域へ
 と順番に展開していく方法です。このほか世界に同時展開するのは360°く
 まなく水をまくのになぞらえてスプリンクラーモデルと言われます。しかし
 ながら、そのコンサルタントの回答はどちらでもありませんでした。

 コンサルタントはキッパリこう言いました。「それは、多くの日本人の発想
 だが、違う。本当にグローバルに動いているビジネスマンは、良いアイデア
 を浮かんだら、『それが地球のどこで求められているのか』をまず考えるん
 だ。例えば、Aというアイデアが思いついたら、日本人には必要ないかもし
 れないけれど、メキシコ人には必要とされているかもしれないと思考する。
 例えば、ブラジルで流行っているBというサービスをイスラエルに持ってい
 っても通用するのではないかと思考するんだ。
 思考するのは、国籍や国境だけではない。民族だったり、宗教だったりする
 かもしれない。たとえば、Cというサービスをアラブ人や仏教徒になら必要
 とされるかもしれないと思考することでもある。
 それが、世界を舞台に、グローバルにビジネスをすることなのだよ。『とり
 あえず東京から』などということを外国人は絶対に考えない。何より先に、
 閃いたアイデアを、この地球上のだれが必要としているかを考えるんだ。こ
 ういう発想ができる日本人がまだまだ少なすぎる」――。

 カスケードモデルもスプリンクラーモデルも、シーズを育てた日本を起点に
 してビジネス展開しやすい場所から立ち上げるのに対して、世界の中で最も
 ニーズが強いと思われる場所を起点にビジネス展開するべく、その場所にピ
 ンポイントで飛び込むというスタートアップの仕方は、言われてみれば「な
 るほど!」と思わせる合理的な方法ですね。

 太田氏は「脳天に雷が落ちた」と述懐します。世界を舞台に自由なアイデア
 を発想し、世界70億人に対してグローバルにアクションしていける人間にな
 り、いつか自分も、世界に股をかけて仕事ができる人でありたいと言う思い
 が募りました。この問答が太田氏を、2年間をかけて世界50カ国を自分の目
 で見て回る旅に駆り立てたのでしょう。太田氏のようにとにかく島国の日本
 を出てみて、世界のどこへでも打って出ていけるという自信とフットワーク
 の軽さをなるべく若い時に身につけることが何よりも大事なのだろうと思い
 ます。

 いかがでしたでしょうか。
 太田氏は起業した「タダコピ」の会社を辞め、約2年間で50カ国を自分の目
 で見て回る世界一周の旅で世界観が変わった旨を述懐しています。大学生の
 友人知人のほとんどが乗るところのレールである「就職活動に励んで大企業
 ・有名企業に入社」から一人外れる道を選びます。太田氏は起業した経験も
 あり、2年間の世界一周の旅の中で魅力的なオファーの提示をいろいろな人か
 ら数多く受けています。世界にはいろいろなニーズがたくさんあるのだと思
 います。傍から見ると放浪のようにも見える2年間は人生の可能性を大きく広
 げたと太田氏は言います。

 メルマガ筆者にも少し心当たりがあります。1年間米国に留学にした時に、全
 く門外漢の「コインランドリー事業の展開を手伝って欲しい」というオファ
 ーを旅行中にたまたま知り合った中国系米国人から受けるという不思議な出
 会いをした経験があります。心の準備も全く出来ていなかったので、いざと
 なると、海外でこのようなオファーに乗ってみるかどうかというのは、もの
 すごく勇気のいることだなと思います。「あの時オファーを受けていたらど
 うなっていたのだろう」と振り返ることがあります。 

 みなさんは海外に行った時、現地でのビジネスに関してその後の人生を左右
 するような不思議な出会いや出来事はありましたか?あるいは、海外で受け
 たオファーを受ける勇気はありましたか?これからのグローバルビジネスで
 日本人が必要とされるスキルには、英語という言語だけでなく“自分の目に
 まだ見えていない別の何か”、例えば日本での学歴を捨てて裸の実力だけで
 生きる勇気と自信があるのだろうと思います。


 ◆ソース◆
 ============================================
 『日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。』(いろは出版) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/4902097575/
 pp.34‐38
 ========================= 

【Vol.231】そのビジネス英語、本当に大丈夫ですか?

※本メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

 本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
┃ ┃ 『実践ビジネス英語講座』 メールマガジン     
┣━┛ 
┃    グローバルリーダーへの道          2016/09/15 配信
┃                   ★秋の英語学習応援キャンペーン★
┃                   『実践ビジネス英語講座』全コース
┃                    9/25まで受講料が【最大21%OFF】
┃                   ∟ http://goo.gl/h9cyE7
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 今号のメルマガは、ビジネスシーンの中で日本人がつい使ってしまいがち
 なNGフレーズについてです。知っている表現を組み合わせて考えた、ある
 いは頭にふと浮かんだ英語は、言いたいことは何とか相手に伝わるかもし
 れません。ところが、言った本人の意図に反して「その英語はネイティブ
 ・スピーカーにとって、NG表現かもしれない」のだと書籍『NGフレーズで
 わかる! 正しく伝わるビジネス英語450』(西東社)の著者のデイビッド・
 セイン氏は指摘します。ビジネスの現場でNG表現を知らずに使ってしまっ
 たからと言って、話し手の人格まで否定されてしまうことはないでしょう。
 しかしながら、どうせなら失礼にならない、きちんと伝わる表現を使いた
 いものです。今回は、同書からビジネスシーンでつい使ってしまいがちな
 NGフレーズをピックアップしてクイズ形式で出題していきます。選択肢の
 うち一つが正解で、他の一つはNGフレーズです。皆さんもぜひチャレンジ
 してみてください。

 【Q1】どんなアイデアがありそうかを尋ねるとき
 (A-1)Do you have any idea?
 (A-2)Do you have any ideas?

 会議などで参加メンバーから意見を求めるとき、皆さんはどちらの表現を
 使いますか?あるいは、「ideaの単数形/複数形を意識したことはなかっ
 た…」という方もいるかもしれません。一見するとどちらも正しく見える
 このフレーズのどこがNGなのでしょうか?実は、間違っている英語は、
 (A-1)単数形のideaです。単数形のideaは「心当たり」「認識」の意味
 です。「心当たりがあるの?」「認識してるの?」≒「あんたなんかにわ
 かるの?」というきつい意味の一言になるだと同書は言います。  

 ただし、「何か意見はありますか?」と尋ねたいときの表現としてはNGフ
 レーズですが、あえてこの単数形のideaを使うべき場面というものがあり
 ます。「~について考えはある?」と聞きたいときは、「ただ1つの考え」
 「心当たり」「認識」があるかないかを聞いているわけですから、「any 
 idea」が適切ということになります。

 Do you have any idea where I left my keys?
 (私が鍵をどこに置いたかわかる?)

 上記の問いに対し「I have no idea(s)」と「No」で答えるとき、疑問
 文で説明したのと同様に、単数形/複数形かどうかで大きく意味が変わっ
 てしまいます。「I have no idea」は、「全くわからない」という意味で
 すが、一方で、「I have no ideas」は「何も考えが浮かばない」という
 意味になります。例を見てみましょう。

 Do you have any ideas? (何か考えはある?)
 I have no ideas. (何もアイデアが思い浮かびません)

 Do you have any idea why he got angry? (なぜ彼が怒ったかわかる?)
 I have no idea. (全くわかりません)


 【Q2】上司に「すぐに来るように」と言われて「すぐに行く」というこ
 とを伝えたいとき。

 (A-3)I'll be there as soon as possible.
 (A-4)I'll be there right away.

 「as soon as possible」 (なるべく早く)と、「right away」 (間髪いれ
 ずに)――。上記は両方ともほとんど同じ意味のように感じます。しかし
 ながら「なるべく早く」というのは「ただちには行かない」というニュア
 ンスに取られてしまうおそれがあるということです。「right away」に近
 い表現には「in a sec」という表現もあります。以下のように言い換える
 こともできますね。

 I'll be there in a sec.

 これを「in a minute」としてしまうと、「少し待ってください」という
 含みを持たせてしまうことになります。「今直ちには席を立てないけれど、
 少ししたらすぐに行きます」という意味になってしまうので、注意しまし
 ょう。


 【Q3】依頼を進んで引き受けるとき
 (A-5)I'll do it.
 (A-6)Leave it to me.

 こちらはどうでしょう。「はい!私が!!」という意気込みでなんとなく
 Iを主語にした(A-5)を使っている方も多いのではないでしょうか。実は、
 ネイティブ・スピーカーが良く使う表現にI'll do it if I have to.
 (やらなきゃならないのならやります)という決まり文句があり、(A-5)
 I'll do it.はその省略形に聞こえ、「まあ、何とかやってみましょうかね」
 「仕方ない、やるよ」というニュアンスに相手は受け取る恐れがあるのだ
 とセイン氏は言います。

(A-6)Leave it to me.(私にお任せ下さい)は依頼を引き受ける気満々
 の力強さにあふれた表現になりますので、ぜひこちらを積極的に使ってい
 きたいですね。


 【Q4】手伝いを依頼したいとき
 (A-7)Help me.
 (A-8)Could you give me a hand?

 「Help me.」を使うシーンというのは、例えば棚を開けたら、積んでいた
 書類の束が崩れて落ちてきそうなった場合のように「差し迫った状況」で、
 本人の両手がふさがっていて完全に「お手上げ」というニュアンスです。
 つまり、手伝いを依頼するにしては「help」は大げさすぎるということに
 なります。「手を貸してください」ということですから、(A-8)Could 
 you give me a hand.と言うのが適切と言えるでしょう。


 いかがでしたでしょうか。
 最後に、相手にうまく伝えることができなかった、メルマガ筆者の体験談
 を1つ。今回のNG表現とは異なり発音の問題なのですが、女性に呼びかける
 ときに「madam」「ma'am」(マダム)と呼びかけることがあり、メルマガ筆
 者もそのように女性に呼びかけてみたことがあります。ところが発音が悪
 くて「Mom」(お母さん)と相手の女性に聞こえてしまったようで、相手の
 女性に「Mom!?」と驚かれてしまって恥をかいたという失敗の経験があ
 ります。みなさんは、言いたいことがうまく相手に伝わらずに、違う意味
 に受け止められてしまったという経験がありますか?


 ◆ソース◆
 ============================================
 『NGフレーズでわかる! 正しく伝わるビジネス英語450』(西東社)
 https://www.amazon.co.jp/NG-450/dp/4791624440/
 pp.20, 40, 44, 58

 【要注意】「Do you have any idea?」は上から目線に聞こえるかもしれない
 http://goo.gl/3tqLQJ
 ============================================ 

【Vol.230】“ユダヤ式”英語の記憶法の極意とは?

※本メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

 本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
┃ ┃ 『実践ビジネス英語講座』 メールマガジン     
┣━┛ 
┃    グローバルリーダーへの道          2016/09/08 配信
┃                   ★秋の英語学習応援キャンペーン★
┃                   『実践ビジネス英語講座』全コース
┃                    今なら受講料が【最大21%OFF】
┃                   ∟ http://goo.gl/h9cyE7
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 今号のメルマガは英語の記憶法についてです。読者の皆さんは、日ごろの
 英語学習で単語やフレーズがなかなか覚えられないとき、どのように「記
 憶力」を高めるための工夫を凝らしていますか?書籍『脳が勝手に記憶す
 るユダヤ式英語勉強法』(サンマーク出版)の中で著者の加藤直志氏は英語
 学習におけるある記憶法を紹介しています。それは体を揺らしながらつぶ
 やくこと、ただそれだけだと加藤氏は言います。体の揺らし方に決まりは
 なく自由です。「そんな単純なことで?」と皆さんは疑問に思われるかも
 しれません。ユダヤ人はキツツキのように体を揺らしながら口を動かすこ
 とで、記憶するのだと加藤氏は言います。そう言われると、椅子に腰掛け
 てではなく、椅子から立ち上がって部屋の中を行ったり来たりしてブツブ
 ツつぶやきながら記憶したことに心当たりがありませんか? 

 ◆英単語とイメージを結びつけて記憶する

 体を揺らして口を動かすという記憶法以外にも同書では「イメージと関連
 づけて覚える」という方法を紹介しています。これは絵、写真、映像、動
 画、音楽、イラスト、身振り手振りなど、頭の中にイメージして残るもの
 と英単語を関連付ける記憶法です。英単語の語彙力を増やす方法として、
 覚えたい単語の近くにイラストを描いたり、その写真を置いたりして音読
 する方法があります。加藤氏は高校卒業後、渡米して米ニューヨーク州立
 大学に留学しているのですが、そのとき、ユダヤ人の優秀なクラスメイト
 の一人がノートにイラストを描いていているのを目撃して「なんで子ども
 みたいに落書きをしているんだろう」と疑問に感じ、その理由を加藤氏が
 聞いたところ「印象に残るようにそうしている」とのことだったので、加
 藤氏もそのクラスメイトの方法を取り入れてイラストを描いて覚えるよう
 になったということです。

 イラストを描いて一緒に記憶する方法は、絵心があれば問題ないのでしょ
 うが、「絵を描くのが苦手」また「手っ取り早く単語を覚えたいのに悠長
 に絵なんて描いていられない」という人も多いと思います。そんな人には
 英単語ごとにイラストが載っている辞書「Picture Dictionary」を使う方
 法を同書はすすめています。文字とイメージを同時に視覚でとらえること
 で、英単語とイラストを関連付けて覚えられるような気分になってきます。
 何より通常の辞書が“文字砂漠”なのと比べて、楽しみながらパラパラと
 ページをめくって眺めることができます。メルマガ筆者はこのような“絵
 付き辞書”というものが世の中に存在することを知らなかったのですが、
 同書でその存在を知ったのをきっかけに“オンライン絵付き辞書”をネッ
 トサーフィンしたところ、例えば「VISUAL DICTIONARY ONLINE」(「◆ソ
 ース◆」参照)のようなものが無料で提供されていることを発見し、
 「へぇ」「なるほどぉ」と楽しみながら眺めています。

 ◆ライティング力は添削サイトを使って鍛える

 同書の中からもう一カ所紹介したいのはライティングに関してです。
 普段、仕事で英語を使う人は「メールや資料を英語では書いているが、実
 は不正確な英語を書いているのでは」という不安を抱えてはいないでしょ
 うか?ライティングの能力を、正確にそして着実に向上させる方法として
 は、ネイティブ・スピーカーや英語のプロに添削してもらうのが“ユダヤ
 流”で得策なのだと加藤氏は言います。

 外資系企業などでは上司が外国人であれば、社内用に毎日300~500単語程
 度の英文レポートを書く機会があると同書では記述していますが、自分の
 主張について理由や具体例を用いながら英文レポートを短時間で書き上げ
 るには、正確かつ論理的に英文レポートを書く訓練がどうしても必要にな
 るでしょう。もし、ビジネスライティング力を磨きたい、もしくは磨かな
 ければならないとなった場合には、添削サービスを受けることを加藤氏は
 すすめています。最近はインターネットを使った添削サービスが数多く存
 在するようなので、◆ソース◆に例をあげておきます。トライアルできる
 サービスもあります。自分に合った添削サービスが見つかったら、試しに
 使ってみてはいかがでしょうか。

 また、加藤氏が注意点としてあげるのは「添削を受けるときは、添削者の
 “親切心”に依存しない」ことです。「添削してくれる先生は、きっと意
 味をくみ取ってくれるから、これぐらいの完成度でいいや」と妥協し、自
 分が意味したい表現をよく調べもせずに書いて、添削の先生の“親切心”
 に頼ってしまうのは、避けなければなりません。添削されたものが手元に
 返却されても、それはあくまでも添削者が書いたお手本の英文であって自
 分の書いた英文が添削されたものではありません。したがって、自分の
 「書く技術」の向上にはつながらないということなんですね。
 
 いかがでしたでしょうか。
 中学校で英語の授業を受けていた当時、「Lesson10を丸ごと明日までに暗
 唱できるように!」という具合に教科書数ページ分を丸暗記する宿題が当
 たり前のように出ていませんでしたでしょうか?帰宅してから翌日の英語
 の授業で指名されて起立した状態をイメージして、勉強部屋の中で起立し
 た状態で何度も口に出してつかえながら何度も通し練習したのをメルマガ
 筆者は思い出します。当時は椅子に腰掛けたまま暗記しても、指名されて
 起立した途端にど忘れしてしまうのではないかという臆病心から立ち姿勢
 で必死に暗記したのですが、気のせいか、立ち姿勢のほうが短時間で暗記
 できた感じもします。もしかしたら、本メルマガの冒頭で触れた体を揺ら
 す効果が現れていたのかもしれませんね。

 みなさんが見つけた「この方法で勉強すれば効果が上がる!」と自信を持
 っている英語勉強法を持っているでしょうか?それはどのようなものでし
 ょうか?今一度、この機会にふりかえってみてはいかがでしょうか。

 ◆ソース◆
 ============================================
 『脳が勝手に記憶するユダヤ式英語勉強法』(サンマーク出版)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4763135406
 pp.92‐95、233‐237

 脳が勝手に記憶するユダヤ式英語勉強法_A
 https://www.youtube.com/watch?v=1MSlPIT5Jvc

 VISUAL DICTIONARY ONLINE
 http://www.visualdictionaryonline.com/

 【英文添削サイトの例】
 英語便
 http://www.eigobin.com
 
 Lang-8
 http://Lang-8.com

 英文添削アイディー
 https://idiy.biz/

 英作文のフルーツフルイングリッシュ
 https://www.fruitfulenglish.com
 
 英作文添削指導メールパル
 http://www.mail-pal.com
 ========================= 

【Vol.229】IQや学歴より大切なグローバルスキル

※本メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

 本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
┃ ┃ 『実践ビジネス英語講座』 メールマガジン     
┣━┛ 
┃    グローバルリーダーへの道          2016/09/01 配信
┃                   ★秋の英語学習応援キャンペーン★
┃                   『実践ビジネス英語講座』全コース
┃                    今なら受講料が【最大21%OFF】
┃                   ∟ http://goo.gl/h9cyE7
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 今号のメルマガは、「他人と温かい関係を作る力のほうが、学歴やIQより
 も大切なのだろうか?」というテーマでご紹介します。

 著書『最強の働き方』(東洋経済新報社)は、頭のIQや学歴より大切な仕事
 のIQを高めるために、著者ムーギー・キム氏が「世界中の上司に怒られ、
 凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓」について記述してあります。
 その中に、同書に記述している400ページ弱の内容を根本から覆してしまう
 ような「IQよりも愛嬌」で仕事の命運が決する?」という4ページぐらいの
 短いコラムがあったので紹介したいと思います。“一流のビジネス・パー
 ソンの心得”を説く本編よりもこの小さなコラムの内容を実践する方が効
 果的だという著者の本音も書かれています。

 キム氏によると、世の中日本を問わず、グローバルビジネスの世界には
 「憎めない人」「いい人」であることが最大の競争優位点になっている人
 がいるのだといいます。皆さんの周りではどうでしょうか――彼らはメー
 ルを返信せず、メモはとったふりをするか、記録内容が“穴”だらけのど
 ちらかです。整理能力はゼロであるどころかマイナスで、ほぼすべての資
 料を紛失し、作る資料は意味不明です。これは、同書が目指し記述してい
 る“一流のビジネス・パーソンの心得”とは真逆で、仕事能力が低い人の
 特徴とも言えますが、それでいて出世街道を邁進するわけです。その人が
 ただ一つできていることがあってそれが「憎めない人」「いい人」である
 ことに尽きるというわけです。

 キム氏はそんな人の典型例を実際にあげており、某外資系大手コンサルテ
 ィングファームのトップマネジメントの一角にまったく働いておらず、収
 益に貢献していないことで有名な経営幹部の安田さん(仮名、48歳)がその
 人です。昔の古き良き時代の日本企業ならいざ知らず、MBAホルダーなどい
 わゆる“高学歴エリート”の集まりであるところの外資系大手コンサルテ
 ィングファームの40代にそんな人がトップマネジメントにいるというのは
 驚きです。

 このような「憎めない人枠」「いい人枠」という「一般枠」とは別枠で出
 世街道を邁進する人はどういう人なのかというと、和をもって貴しとし、
 協調性が非常に高い。意見を強く主張しないどころかそもそも意見を持っ
 てないので、結果的に誰とも争わず、誰からも厭われることがありません。
 その結果として誰とでも仲良く話せる人間関係を築いているので、社内調
 整役のような役回りで時折活躍し、いつの間にやら社内のあちこちに太い
 パイプを築くようになったりしているというわけです。

 同書によると、人に対する評価というものは、客観的な事実ではなく主観
 と感情で決まる要素が大きいのだと言います。「憎めない人」「いい人」
 と誰からも認識されているかどうかは、キャリア上の出世にとって決定的
 に重要な要素となるというわけです。

 逆に言うと、そもそも「憎めない人」「いい人」でなければ、同書が目指
 し記述している“一流のビジネス・パーソンの心得”を実践したところで、
 周囲に人が集まってきて支えてくれたり、引き上げてくれたりという機会
 は一切回ってこないのだと言います。

 頭も良いし、仕事も抜群にできるが、社内で冷遇されている人は、結局の
 ところ「いけすかないやつ」に成り下がってしまっていることが多いのだ
 と言います。結果的にそう言う人は折を見て部下からは足を引っ張られ、
 同僚からつまはじきにされ、上司からはクビにされてしまうという憂き目
 にあってしまいやすいというわけです。
 
 どうしてそのようなことになってしまうかも同書はアドラー心理学の面か
 ら分析しています。それによると人の認識は、無意識のうちに欲している
 目的に応じて、情報を取捨選択します。いったん嫌われてしまうと、「あ
 なたがいかにひどいパフォーマンスしかあげられないか」という理由ばか
 りが評定者によって取捨選択されてしまうというわけです。

 同書によると、ハーバード大学の研究で、長年にわたって卒業生のその後
 のキャリアや報酬を追跡した結果、IQ150とIQ110の卒業生のその後の年収
 に有意な差は見られなかったと言います。それよりも、周囲と温かい人間
 関係を築けた人は、そうでない人とに比べて飛び抜けて出世するというの
 がキム氏の見方です。

 キム氏のこのコラムの中での結論はいくら賢くて学歴やスキルが高くても、
 「憎めない人」「いい人」には勝てないので、「憎めない人」「いい人」
 でいられるかどうかが業界やキャリアのどのステージにいても非常に重要
 だということです。

 いかがでしたでしょうか。
 同書の著者は、外資系金融機関の投資銀行部門出身でプライベート・エク
 イティ・ファンドの投資業務を手がけているということなのですが、そう
 いった業務の本場であるところの米国のウォール・ストリートを舞台にし
 たリーマンショック当時のノンフィクションで『世紀の空売り』(◆ソー
 ス◆参照)という書籍を、以前メルマガ筆者は読んだことがあります。
 『世紀の空売り』の著者のマイケル・ルイス氏自身も投資銀行勤務時代、
 24歳の若さで年収何千万もの報酬を得、高給取り大集団のひとりだったこ
 とが書かれています。その中に出てくるすべての登場人物は(ノンフィクシ
 ョンなので実在する人物でこちらは仮名ではなくすべて実名です)自身も含
 めて「厚かましくも他人の金を使って巨額の賭けをしたり、他人をそんな
 賭けに巻き込んだりしたぺてん師たち」(!)であることを白状しています。
 すなわち、『最強の働き方』で書かれているような「憎めない人」「いい
 人」はウォール・ストリートにはおらず、いるとしても表面上だけ「憎め
 ない人」「いい人」を装っている偽善家がその正体である可能性が高くは
 ないでしょうか。

 みなさんの周りではどうでしょうか?みなさんは組織の中でどのような評
 価を受けているでしょうか?また、どのような評価をしてもらいたいと考
 えて行動しているでしょうか?今一度振り返ってみると、面白い気付きが
 あるかもしれません。

 ◆ソース◆
 ============================================
 『最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ
 77の教訓』(東洋経済新報社)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4492045937/
 pp.91-94

 『世紀の空売り――世界経済の破綻に賭けた男たち』(文春文庫)
 https://www.amazon.co.jp /dp/4167651866
 ========================= 

【Vol.228】外国人との付き合いで最も大切なこと

※本メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

 本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
┃ ┃ 『実践ビジネス英語講座』 メールマガジン     
┣━┛ 
┃    グローバルリーダーへの道          2016/08/25 配信
┃                   ★コース説明会ご予約受付中★
┃                   『実践ビジネス英語講座』
┃                    通常説明会・オンライン説明会
┃                   ∟ http://goo.gl/ZnDj7u
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 このメルマガの読者の皆さんの中には、海外勤務や海外留学を経験したこ
 とがある人もたくさんいると思います。海外で暮らした経験から、どれく
 らい「現地に溶け込めた」と自己評価しているでしょうか?他の日本人と
 比較する機会はなかなかありませんが、友達も出来たし、「そこそこは現
 地に溶け込めたのではないか」と振り返る方もいるかもしれません。

 今号のメルマガで紹介する書籍『日本人が海外で最高の仕事をする方法―
 スキルよりも大切なもの』(英治出版)で、著者糸木公廣氏の海外赴任の記
 録を読むと、メルマガ筆者の場合、現地に溶け込む努力が全然足りなかっ 
 たことを思い知らされます。これから海外赴任や海外留学する人にはぜひ
 一読することをおすすめしたい書籍です。糸木氏は東芝を経てソニーに入
 社し、1993年から2012年までの20年間にわたり、9カ国(インド、トルコ、
 ルーマニア、ハンガリー、オランダ、ドイツ、イギリス、ベトナム、韓国)
 に海外赴任し、現地の販売会社の社長などを歴任したときに、各国でどの
 ように現地に溶け込んでいったのかを失敗談を含めて具体的に記録してい
 ます。いろいろな溶け込み方があるものなのだなと大変参考になります。
 外国人との交流において、言葉やマナーを重視しがちですが、その国の人
 々のハートを本当に動かすとなると、結局のところは自身のマインドの広
 さが求められる――という、当たり前のことですがつい抜け落ちてしまい
 がちなことを再認識させられる一冊です。

 糸木氏の行ってきたことに対しては、ソニー社内では「“寝技”などと言
 われることがあった」と書籍の中で書いています。つまり、ビジネスの正
 攻法ではないやり方で、なんだか裏口から入るような行為と思うような人
 もいたようです。国内でもスキルや専門知識はさておいて“寝技”が上手
 な人はいますが、そういう人のほうが海外赴任向きなのかもしれないと考
 えさせられる1冊です。海外赴任がうまくいかなかったという事例の中に
 は、言葉の壁や異文化への不適応を表面上の理由にしつつ、実は基本的な
 「人」への接し方に原因があったという例も少なくないのではないかとい
 うのが糸木氏の分析です。

 ◆ベトナム語でベトナムの国民的“演歌”を歌う

 糸木氏が赴任した9カ国の中から本メルマガではベトナムの例を紹介した
 いと思います。9カ国も海外赴任したので、最初から糸木氏が興味のある
 国ばかりではありません。ベトナムも糸木氏があまり基礎知識を持ち合わ
 せていない馴染みの薄い国でした。糸木氏が海外に赴任して早々に始める
 ことが、その国の文化・習慣を深く理解すること、そしてその国を好きに
 なるように努力することです。その姿を見せることによって現地社員やビ
 ジネスパートナーたちに自分を信頼してもらうとための土台となり、ビジ
 ネスにおいても「予想以上」の成果につなげています。
 文化を深く理解するといっても始まりはたった一つの歌との出会いです。

 糸木氏は、ベトナムに長く赴任している他社の日本人に誘われてカラオケ
 に歌いに行ったことがあり、たまたまそこで耳にしたある歌が心に染みま
 した。「いい歌だな」で終わってしまうところですが、糸木氏は歌のタイ
 トルと歌手名を紙に書いてもらい、翌日にはCDを手に入れました。 

 「Diem Xua」(「美しい昔」という意味)というその曲はベトナムでは国民
 的に有名で美しい歌と言われています。ちなみに、日本でもそのまま「美
 しい昔」という邦題と訳詞がつけられて天童よしみさんが歌っています
 (どのような歌かは◆ソ―ス◆参照)。CDを繰り返し聞くうちにいっそうそ
 の歌が好きになっていった糸木氏は、ちょうどその頃、間近に迫っていた
 ソニー・ベトナムの「社員旅行(社員だけでなく家族も交えて600人が参加)
 のときに歌って、皆を驚かせよう!」と心に決め、発音が難しいベトナム
 語で歌うのがなおさら難しい「美しい昔」を毎日猛特訓で練習しました。

 そして迎えた社員旅行当日の晩、新社長としての挨拶を短めに切り上げ
 「短いですがあいさつはこれで終わり。その代わり、好きになったベトナ
 ムの歌をうたいます」とイントロに続いて最初のフレーズを歌い終わった
 ところから、皆が総立ちで大歓声になったということです。このような粋
 な計らいは、できそうでいて、実際にはカラオケの練習を面倒くさがって
 なかなかできない努力なのではないでしょうか。社員旅行で気をよくした
 糸木氏は、さらにベトナム文化、特に歌への関心を深めていったというこ
 とです。「美しい昔」を歌い込み、またほかのベトナム語の歌も練習して
 レパートリーを広げていきました。

 会社のイベントや社員の慶事で歌ううちに糸木氏のベトナム歌好きは有名
 になり、ビジネスパートナーとの会合でもリクエストされるまでになりま
 した。ビジネスパートナーの計らいで「美しい昔」を持ち歌にしているベ
 トナムで有名な女性歌手ホン・ニュン(Hong Nyung)さんとも親交を持つに
 至りました。

 2008年には糸木氏が企画を温めていたベトナムの原風景をイメージしたソ
 ニーの液晶TVのTVコマーシャルをベトナム人の若手の現地スタッフたちの
 反対意見の嵐を説き伏せて制作しました。ホン・ニュンさんが出演してい
 ます。話題をさらったTVコマーシャルとなり、一企業の広告宣伝であるに
 もかかわらず「祖国の美に焦点を当てたすばらしいコマーシャル」として
 ベトナムの国営放送局VTVが毎年恒例で発表する「10大ニュース」の10位
 に選ばれました。(コマーシャルの動画は◆ソース◆参照)

 そのほかにも「美しい昔」を起点にどんどん掘り下げていろいろな展開が
 本メルマガの紙幅では書ききれないほど広がっていきます。続きはぜひ同
 書で読んでみてください。

 いかがでしたでしょうか。
 糸木氏は「大事なのは掘り下げ」だと言います。「美しい昔」という一曲
 を糸木氏なりに掘り下げ、さまざまな場面で活用することで、現地の人た
 ちの心を理解し、共感を得ることに成功しています。糸木氏はベトナム以
 外のほかの国でも、インドでは映画を掘り下げ、ルーマニアでは料理を起
 点にして展開しています。歌でも映画でも料理でも、どんな文化の一端で
 も、関心と敬意を払って深く掘り下げること――いわば「極める」ことで、
 思いがけないチャンスを得たのだと振り返っています。皆さんは、外国人
 との付き合いにおいて何を大切にしていますか?

 ◆ソース◆
 ============================================
 『日本人が海外で最高の仕事をする方法――スキルよりも大切なもの』
 (英治出版)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4862761577/
 pp.32-33、127-156

 日本語版「美しい昔」 歌:天童よしみ
 https://www.youtube.com/watch?v=JMrJAIyThgo

 TVコマーシャル【Sony Bravia Forgotten Beauty】
 https://www.youtube.com/watch?v=iP2pZWxT_3k
 =========================

 
実践ビジネス英語講座
講座紹介CM
▼実践ビジネス英語講座▼

▼BBTオンライン英会話▼
メルマガ購読する!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

About Kenichi Ohmae
Facebook
Twitter
  • ライブドアブログ