【Vol.328】外国人のハートに踏み込む「感性」の磨き方

メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/08/30 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、コミュニケーションにおける「感性」の磨き方
についてです。書籍『外国人と働いて結果を出す人の条件』(幻冬舎)
から紹介します。

異なる文化や経験に積極的に触れ、コミュニケーションが上手に
とれる人は評価が高まります。経験によって、人に好感を与える
ようになる「感性」が磨かれていくのだと同書は述べています。
世界を股にかけて活躍するビジネスパーソン以外でも、この類の
「感性」の高さに驚かされる日本人がいるものですが、同書の
著者が例にあげるのが京都の観光地にある団子屋のおばちゃんです。

◆京都の団子屋のおばちゃんから学ぶ、コミュニケーションにおける
「感性」の磨き方

この京都の団子屋のおばちゃんをメルマガ著者は具体的には知り
ません。大変失礼ではありますが「そうは言っても、たかが
団子屋のおばちゃん」と従来なら読み飛ばしてしまっていた
ところですが、「侮れない」と痛感させられるニュース記事を
最近読みました(文末の◆ソース◆参照)。

大阪城の前の茶屋の女性経営者(72歳)が「8個入り600円」の
たこ焼きを、訪日外国人観光客を中心に売りまくって2016年は
約2億4000万円も売り上げていたというニュースです。(脱税の
ニュースなのですが、「たかが茶屋なのに、セブンイレブン店
並みの売り上げ!?」と2億4000万円という数字に驚きました)。
脱税のニュースということは置いておくとして、同書が言及して
いる京都の団子屋のおばちゃんも同じぐらい売り上げている凄腕
のおばちゃんなのではないだろうかと勝手に想像してしまいます。

同書によると、彼女の英語はめちゃくちゃです。しかし、どんな
国の人が相手でも、知っている限りのカタコト英語と日本語の
ちゃんぽんとありったけのジェスチャーで対応します。それも、
団子を勧めて売るだけではなく、ときには笑いを取ったりしながら
コミュニケーションを成立させているのだと言います。客は会話を
しながら興味がわけば団子を買い、そうでなくても写真を撮ったり、
にこやかに挨拶を交わしたりして、コミュニケーションを楽しんで
去っていきます。団子屋のおばちゃんはこの種の意思疎通を1日
何百往復もさせているわけです。

受け止める側は彼女のエネルギーに惹きつけられて、彼女の伝えたい
内容を読み取ろうとします。少なくとも彼女の気持ちは伝わってきます。

「語学力が優れているだけで外国人との関係性を作れるわけではない」
と痛感すると同書は述べています。

私たちは彼女から何を学べるのでしょうか。同書の著者は
(1)思い・姿勢と(2)繰り返しだと言います。順番に見てみましょう。

(1)思い・姿勢
一つは境遇に関係なく、積極的に働きかけ、経験を求める「思い」と
それがあふれ出た「姿勢」です。

もし、団子屋のおばちゃんが、「言葉が通じないから」と店頭で
モジモジしていたら、多くの人は彼女に気がつかず、団子の存在を
知らないまま通り過ぎるでしょう。だから積極的に話しかけ、反応
から相手の考えていることのヒントを得て、次の会話につなげます。
話しかけることで相手は「私に興味がある人だ」と認識し、友好的
な関係を築くきっかけになります。

団子屋のおばちゃんは、自分の言葉で団子の存在と魅力を知らせ、
買った人のメリットを伝えようとしていたと言います。内容が
伝わる前に「伝えようとする態度」が伝わっている、だから人を
惹き付けることができるというわけです。言葉は十分に通じなく
ても「あなたと仲良くしたい」という意思が伝わり、能動的な
態度が高評価を受けます。まず、働きかけることが大切な一歩です。

(2)繰り返し
もう一つ学べるのは、繰り返しによって会話の質を上げていることです。

京都の団子屋のおばちゃんは今後も綺麗な英語は話せないままかも
しれません。しかし彼女は、語学力よりも目の前の相手が望んで
いることを読み取る力を伸ばし続けています。

これは回数を重ねることによって磨かれてくる感性です。

おそらく、最初の頃は今よりも伝える力が弱かったのではないで
しょうか。それでも何百回も何千回も繰り返していくうちに、
外国人の好みや喜ばれるジェスチャーをつかみ、自然に繰り出して
相手に楽しんでもらえるようになっています。

1回の交流、10回の会話ではなかなか本質はつかめません。100回、
1000回と重ねることで身につく感覚があります。私たちも怖がらずに
働きかけを繰り返すべきなのだと同書は言います。

「思い・姿勢」と「繰り返し」は、どちらか一つが欠けても豊かな
感性を身につけることはできません。

いかがでしたでしょうか。
大阪城公園のたこ焼き店の売り上げ数字について考えてみます。
休みなく365日働いているとして、600円のものを1日当たり何個
売れば売上2億4000万円になるかというと、約1100個です。お客の
8~9割が訪日外国人観光客ということですから、1000人近い外国人に
売りまくっているということですね。そうした茶店を今までは気に
することもなかったのですが、機会があったら、言葉の通じない
外国人の懐にどのように飛び込んでいくのか、じっくり観察して
勉強したいと思います。みなさんは、普段どんな角度で「自分の
感性」を磨いていますか?


◆ソース◆
================================
『外国人と働いて結果を出す人の条件』(幻冬舎)
https://www.amazon.co.jp/dp/4344913868
pp.166‐169

大阪城公園「たこ焼き店」1.3億円脱税で在宅起訴
…客8~9割は訪日外国人
https://www.sankei.com/west/news/180726/wst1807260038-n1.html
================================

【Vol.327】ホリエモン流“英語力”で活躍できる人材とは

メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/08/23 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

突然ですが、“単なる「英語が堪能な人」を目指したところで、
似たような人は山ほど存在する”――こんな堀江貴文氏の考え方を、
皆さんはどう感じますか?今号のメルマガは、ラクしてグローバル
でも戦える「レアな人材」になる方法についてです。堀江氏が執筆
した書籍『英語の多動力』(DHC)から紹介します。

同書の中で堀江氏が言及する一つに、教育改革活動で有名な藤原和博氏
の考え方があります。ビジネス・ブレークスルー チャンネルの
番組「10年後、君に仕事はあるのか?」でも堀江氏と出演され、
「100万分の1のレア人材になろう」という話を展開している藤原氏。
(番組の一部をYouTubeのURLを文末の◆ソース◆に記載しますので、
ぜひ併せてご覧下さい。)100万分の1というと、オリンピックで言う
と金メダル級の確率になり、普通の生活をしていても到達できない
ぐらいハイレベルです。そこで、堀江氏は、ぐっとハードルを下げて
「100分の1だったらどうだろう?」という提案を同書の中でして
います。100人の中で1番になるのであれば、何とか頑張れそうな
気がしませんでしょうか。あとは、まったく違う3つの分野で
それぞれ「100分の1」を目指します。そうすると、合計3つの分野を
掛け合わせて(100分の1×100分の1×100分の1)、「100万分の1」の
人材になれるというわけです。

では、「100分の1」のスキル自体は、どうやって手に入れれば
良いのでしょうか。藤原氏によると、ジャーナリストのマルコム・
グラッド氏が著書『1万時間の法則』に従って、「1つのスキルの
習得には、1万時間かかる。それを3回繰り返せばよい』とのこと
です。それに対し、堀江貴文氏の見解は異なり、賢い方法を提案
しています。

備えるべきタグは、特段「スキル」に限定しなくても良いという
わけです。つまり、3つすべてに1万時間という膨大な時間をかける
必要はないと堀江氏は考えています。

◆レアな人材の例その1:厚切りジェイソン氏

堀江氏は例として、お笑いタレントの厚切りジェイソン氏を挙げ
ます。ジェイソン氏は米ミシガン州出身の在日米国人です。芸能
事務所に所属するお笑いタレントでありながら、ITベンチャー企業
の会社役員という顔も持ち合わせています。「在日外国人」
「ITベンチャー企業役員」「お笑いタレント」という3つのタグを
備えた人物だというわけです。

ジェイソン氏がタレントとしてウケた理由の一つは、「在日外国人」
という点です。ジェイソン氏と同じネタを日本人のベンチャー企業
社員が披露したところで、ウケるのは難しいでしょう。

「在日外国人」のタグは、来日した瞬間に得ることができます。
加えて「お笑いタレント」なのに「会社役員」の肩書でもあるという
意外性のある設定も、ジェイソン氏が外国人だからこそ、余計に
特異な存在に感じられるというわけです。

◆レアな人材の例その2:「現役女子高生社長」椎木里佳氏

もう一人、堀江氏が例として挙げるのが、椎木里佳氏という起業家
です。1万時間の法則に従うことなく、突如として強力なタグを3つ
引っ提げてメディア界に踊り出てきました。その3つのタグとは
「起業」「女子高生」「社長2世」です。

椎木氏が起業したのは中学生のときです。本格的に活動を始めたのは
高校生になってからで、その後の3年間は「現役女高生社長」として
随分と話題になりました。椎木氏の父親は上場会社DLEの社長です。
親子2代で会社経営、娘は女子高生社長というインパクトの強さは、
堀江氏が経験した「東大生起業家」などでは太刀打ちできないほど
だと言います。

この二人に共通するのは「タグ」を取得するために1万時間をかけて
いないという点です。「1万時間」を3つ備えるのも、方法としては
もちろんありかもしれません。ですが、組み合わせ次第ではそれらを
完全にスキップして、いきなり100万分の1の人材になることもできる
というわけです。

冒頭でご紹介したとおり、単なる「英語が堪能な人」を目指した
ところで、似たような人は山ほど存在するものです。英語だけできて
も埋没してしまう可能性があります。レアな存在にのし上がるには、
みなさんは「何」と掛け合わせようと思うのか、一度じっくり時間を
かけてみるべきだと堀江氏は問いかけます。

いかがでしたでしょうか。
同書を読んで、「そういうことか」とメルマガ筆者が想起したことが
あります。メルマガ筆者が住んでいるマンションはリタイアしたお年
寄りが多いのですが、そのような環境ですと、(お年寄りから見て)
「若い」というだけでレアな存在になります。加えて、見せびらかして
いるわけではないのですが、マンションのロビーでノートパソコンを
開いていじっていたりすると、「パソコンやスマホに強い“若者”」
という「タグ」が勝手に貼られてひとり歩きすることを経験しました。
英語が多少なりともしゃべれることはまだアピールできていないので、
アピールする機会をつくれば、もしかしたら、また新しい展開が開ける
のかもしれません。

上の延長線上的な考え方をすると、英語ができるなら、外資系企業に
就職するよりも、日本企業に就職するほうが、その日本企業の中では
「レアな人材」として、英語で他の社員よりも抜きん出た存在になれる
可能性が高まり、価値は上がると堀江氏は同書の中で述べています。

みなさんでしたら「英語力を磨いて外資系に転職する」ことを目指し
ますか?それとも、“ひとひねり”することを考えますか?

◆ソース◆
================================
『英語の多動力』
https://www.amazon.co.jp/dp/4887246137
pp.47-55
10年後、君に仕事はあるのか?01
https://www.youtube.com/watch?v=iKfGzS1-ouc
================================

【Vol.326】関谷英里子氏に訊く「ディクテーション」の秘訣

メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/08/16 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、ディクテーションについてです。
PEGL[ペグル]中級コースの講師でもある関谷英里子氏の書籍
『同時通訳者のカバンの中 ツールを使いこなせば英語力
3割アップ!』(祥伝社)から紹介します。

ディクテーションとは“読み上げた英語を書き取ること”を
指しますが、いざそれを試みるものの、「なかなかディクテー
ションの教科書の解説通りに文章が全部書き取れない」という
悩みを抱えているのはメルマガ筆者だけでしょうか。教科書の
解説通りにうまく書き取れず、メルマガ筆者と同様「自己流の
ディクテーションのどこかが間違っているのではないか」と
自信が持てない結果、長続きしなかった人がいらしたら、同書の
具体的な方法を参考にディクテーションに再挑戦してみて欲しい
と思います。

◆英語ドラマを観て英語を書き取る

同書では、実際に、ネットフリックスのドラマ「House of Cards」
を使ってどのようにディクテーションを行うか、説明しています。
(「House of Cards」の該当部分のYouTubeのURLを文末の◆ソース◆
に記載しますので、ぜひ参考までにあわせてご覧下さい。)
「House of Cards」第1話の最初のシーンでは、自宅近くで犬が
車にひき逃げされる現場に主人公のフランシスが居合わせます。
カメラ目線での台詞は以下のようです。

There are two kinds of pain. The sort of pain that makes you 
strong or useless pain, the sort of pain that's only suffering. 
I have no patience for useless things.

1回目に視聴するときは、英語を聞いて内容を理解するようにします。
1回目でだいたい理解できたら、2回目の視聴でさっそく書き取りを
開始します。

あまり自信がない場合は、2回目は英語字幕にして、実際にはどの
ような台詞が言われていたかをざっと把握します。

そして3回目にいよいよ書き取りを開始します。上の台詞の部分の
YouTubeの動画再生時間は1分弱です。主人公フランシスが台詞を話す
スピードは、ネイティブの標準的な速さです。いざ書き取りを開始
するとなると、この1分弱と言う短い時間で何を言っているのか集中
するのはかなり大変なことに気づかされます。

書き取りの具体的なイメージは以下のような感じです。

There are two kinds of pain. The sort of pain that…

辺りまでを聞き取り、そのうち

There are two kinds of pain.

までは書き取れると良いでしょう。この辺りで動画の再生を一時停止
して、書き取れるところまでを書き取ります。

最初の文が書き取れたら、次の文の書き取りに移ります。1回目で書き
取れなかった場合は(メルマガ筆者もそうですが)、最初の文が書き
取れるまで、何度でも巻き戻し再生して聞き直して、書き留めていき
ます。ディクテーションに慣れないうちは、この短い文

There are two kinds of pain.

を書き取るまでに何回も再生することになり、(これが本当に)ディク
テーションの正しいやり方なのか迷いが生じますが、その方法を続け
ていいのだと同書は言います。

最初の文が書き取れたら、次の文まで書き取れるように続きを再生
します。

The sort of pain that makes you strong

最初の書き取りでは、聞き取れない単語が以下の( )のように
空欄のまになるかもしれません。

The sort ( ) pain ( )( )( ) strong.

最初から詰めて書き取る必要はないと同書は言います。YouTube
動画を再生してみて、聞き取れたところから先に書いてゆけば
いいのです。次に再生するときには( )を穴埋めする問題の
穴を埋めていくイメージです。次に再生するときには、一部の
穴が埋まって、次のように穴が減るかもしれません。

The sort of pain ( ) makes ( ) strong.

何度か再生するうちに、ようやく以下のように穴が全部埋まれば
良いのです。

The sort of pain that makes you strong.

この作業を例えば1シーンやってみて、次に英語字幕で再生して、
答え合わせします。場合によっては例えば「sort of painのofが
正確に聞き取れずに抜けてしまったままだった」ということも
あるかもしれません。それでも良いのです。答え合わせのときに
「sort of ~(ある程度の、いくらかの)」というイディオムの
復習ができれば良いわけです。

いかがでしたでしょうか。
結論から言うと、メルマガ筆者が行ってきた自己流のディクテー
ションは、ほぼ正しかったことになります。何度も何度も聞き
直して、地道に( )の穴を埋めていくほか方法はないということ
ですね。皆さんは普段どのように聞き取りの力を高めていますか?


◆ソース◆
================================
『同時通訳者のカバンの中 
ツールを使いこなせば英語力3割アップ!』(祥伝社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4396616511
pp.40‐47

The Two Types Of Pain | House Of Cards
https://www.youtube.com/watch?v=YadSGIctK-Q
================================

【Vol325】外国人に“BAD NEWS”を伝える3つの方法

メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/08/09 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガでは、言いにくい話や悪い話を伝えたいときの
“話す順序”について、書籍『英語の気配り』(朝日新聞出版)から
紹介します。著者はゴールドマン・サックスなどの外資系企業で
働く中、仕事のデキる人に共通の話し方、話す順序があるという
ことに気がついたと言います。それは以下のような順序です。


1. いきなり本題に入るのではなく、相手が心の準備ができるように「前置き」
2. 詳細を説明
3. ポジティブな言葉で終える


◆社外の人に言いにくい話や悪い話を伝えたいとき

同書では以下のような具体的な例を示しています。
(1)《いきなり本題に入るのではなく、相手が心の準備ができるように「前置き」》
Mr. Johnes, I have some good news and some bad news. Let me 
start with the unfortunate news.
ジョーンズさん、良い話と悪い話があります。残念な話から
お話しましょう。

(2)《詳細を説明》
I'm afraid that the bid that your company submitted was not 
successful.
残念ながら御社の入札は通りませんでした。

However, we are grateful for your company's interest in our 
project and hope that we may be able to work together in the future.
しかし、われわれのプロジェクトに興味をお持ちいただき御社に
感謝していますし、今後、仕事でご一緒できることを楽しみにしております。

Turning to the brighter news, the board members were interested 
in the technology that you mentioned in your proposal.
明るい話をしますと、御社の提案の中で言及した技術について、
取締役会メンバーたちが興味を示しています。

(3)《ポジティブな言葉で終える》
We would like to discuss this in more detail and we hope that 
this might lead to business that we can work together on.
つきましては、より詳細に話し合い、今後のビジネスにつながる
ことを期待しております。

特に注意しなければいけないのは、(2)の中で、良い話と悪い話を
両方話さなければいけないのですが、その順番です。伝える人は
「悪い話」を伝えたくないので、良い話を先に伝えがちです。
しかしながら、聞く側にとっては悪い話を先に聞いてから、最後に
良い知らせを聞くほうが、気持ちが楽になるものです。報告するときの
基本としてメルマガ著者はbad new firstと教わりましたが、ここでも
bad news firstのコンセプトは一緒ですね。


《NG》
I have some bad news and some good news. 
The good news is that… The bad news is that…

《Better》
I have some bad news and some good news. 
The bad news is that… As for the good news, …


◆社内の人に言いにくい話や悪い話を伝えたいとき

上記は社外とのやりとりの会話の例ですが、同書の著者が働いてきた
外資系企業では、同じパターンを応用した方法が部下にフィードバック
するときなどに使われると言います。ここでもbad news firstの
コンセプトは一緒です。

《(1)いきなり本題に入るのではなく、相手が心の準備ができるように「前置き」》
In evaluating your performance, there are some good points and 
some points that need improvement. 
あなたのパフォーマンスを評価するにあたり、いくつかの良い点と
改善すべき点があります。

Let me start with the places that need improvement.
改善の必要なところから始めましょう。

《(2)詳細を説明》の後半で具体的に「良いところ」を言うのですが、
前半では「良くないところ」を「励ましの言葉」を交えて伝えます。
一番大事なのは、ネガティブなポイントを上手に指摘して、相手が
改善、成長することです。これを“constructive feedback”や
“development feedback”と言います。もちろん言う側の立場だけ
でなく、自分が言われる立場に置かれる場合もありますが、上記の
点に注意して感情的になることなくコミュニケーションがとれる
ようになることも大事ですね。

いかがでしたでしょうか。
相手が日本人であれ外国人であれ、悪い話はできれば言いたく
(聞きたく)ないものです。ビジネスを円滑に進めるためには、単に
「ツールとしての英語力」という意識だけでなく、「英語力に対する
気配り」を鍛える必要がありそうです。みなさんは、言いにくい話や
悪い話を伝えたいときにどのような工夫をしていますか。


◆ソース◆
================================
『英語の気配り』(朝日新聞出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4023316946
pp.35-38
================================

【Vol324】英語の「多読」VS「多観」勉強法とは?

メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/08/02 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、「多観」についてです。英語の勉強法の一つ
として「多読」を本メルマガで紹介したことがありますが、
「多読」があるのだから、英語の映像をたくさん観る「多観」という
勉強もありそうです。いったいどのような内容なのか、『英語多読 
すべての悩みは量が解決する!』(アルク)から「多観」勉強法を
紹介します。

「多観」は文字通り、アニメーションやドラマ、映画などをたくさん
観る英語勉強法です。みなさんの中にも英語の映像をたくさん観ると
いう勉強法を取り入れている方は多いと思いますが、同書が注意する
点としてあげているのが、観る時に「字幕なし」にすることです。
これを便宜的に「字幕なし多観」と同書では呼んでいます。英語に
どっぷり浸かるために「日本語字幕なし」というのは一般的に言われて
いることだと思いますが、日本語字幕だけでなく「英語字幕なし」で
観ることを同書では勧めています。

「多観」は、最初はやさしくて短いアニメやよく知っているドラマ
などから始めます。そのうち「映像」や「音」から内容をつかめて
くると、字幕なしでも楽しめるコンテンツが増えてくると言います。

映像を観ながら、つい聴き取ろうと頑張ってしまってはいないで
しょうか。「多観」を「聴き取りの訓練」と短絡的に考えてしまい
がちですが、そうではないというのが同書の考え方です。英語の音に
大量に触れ、「場面」や「気持ち」と一緒に言葉を吸収していくうちに、
次第に細部まで楽しめるようになると言います。

字幕なしでドラマや映画を楽しむことは、普通に考えるとかなり難しい
ことです。しかしながら同書によると、今の英語力に関係なく、誰でも
すぐに始められる方法です。

YouTubeなどから映像素材は手に入りやすく、比較的低コストで続け
られますから、本を読む「多読」よりも敷居は低いと言えます。
何より、映像が動いていますし、音もついているわけですから、
インプットされる情報量は本よりも膨大です。

◆「多観」勉強法の「三原則」

同書では「多観三原則」なるものを提案しています。
三原則は以下の通りです。

(1)原則その1 字幕を見ない
「多観」の際、字幕は消してしまいましょう。日本語字幕だけでなく、
英語字幕であっても消します。DVDやオンライン動画の設定で「字幕なし」
にするか、2か国語放送のテレビで、英語音声で観ます。
英語字幕があると何が悪いのかというと、字幕を読むことに一生懸命に
なってしまって、肝心な映像から注意がそれておろそかなにってしまう
ところです。そのほか、聴こえる音を字幕に出てくる活字に当てはめて
単語単位で聴こうとする弊害が生じるのだと同書では言います。

話される英語は決して単語単位では話されていません。それを無理に
単語単位で聴こうとする悪いクセが私たちにはしみついてしまって
います。無理に単語単位で聴こうとすると、いつまでたっても英語の
音に慣れることができないのだと同書は注意しています。

(2)原則その2 理解できないところは飛ばす
例えば、聴き取れない、理解できないシーンが出てくるかもしれません。
それでも、いったん静止したりしないで、どんどん先を楽しみます。
耳から入ってくる情報だけでなく、目から入ってくる情報も多いです
から、しっかり見ていれば、かなりの部分を楽しむことができます。
気にせずどんどん先に進みましょう。

(3)原則その3 つまらなかったら投げ出す
映像があまりに理解できなかったり、内容が自分に合っていなくて
つまらなかったりすれば、そのコンテンツは中途半端で構いません
ので投げ出して、次の素材を探します。

◆字幕を見ないとどうしても不安なときは?

映像に頼るのがどうしても不安という人もいるかもしれません。この
場合は日本語字幕にします。そして、英語のことをあまり意識しないで、
できるだけ単純に映像を楽しみます。どういう内容のものかが分かって
から改めて字幕なしで楽しみます。

コンテンツに対する全体のイメージをつくりあげるときに日本語の助け
を借りることは問題がありません。日本語字幕は、いわゆる直訳では
ないところが幸いです。英語と日本語を1対1で対応させようとすると
問題があるので、避けなければならないのだと同書では言います。
ストーリーの流れが分かったら、英語だけの世界にどっぷり浸かる
ために、字幕なしにします。

いかがでしたでしょうか。
英語字幕付きの映像でないと英語の勉強にならないのではないかと
メルマガ筆者は考えていましたが、逆に字幕を目で追わないほうが
いいのですね。みなさんは、英語映像を使ってどのような勉強の仕方
をしていますか?


◆ソース◆
================================
『英語多読 すべての悩みは量が解決する!』(アルク)
https://www.amazon.co.jp/dp/4757430787
pp.140‐144
================================
実践ビジネス英語講座
講座紹介CM
▼実践ビジネス英語講座-PEGL[ペグル]-▼

▼開講10周年記念スペシャル映像▼
メルマガ購読する!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

About Kenichi Ohmae
Facebook
  • ライブドアブログ