【Vol.207】閉鎖的な組織?日韓グローバル企業に迫る

※本メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、
 本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。
 
■━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
┃ ┃ 『実践ビジネス英語講座』 メールマガジン     
┣━┛ 
┃    グローバルリーダーへの道          2016/03/17 配信
┃                  ★最大15万円還付+豪華特典あり!★
┃                  【3/20まで】実践ビジネス英語講座
┃                   スタートダッシュキャンペーン中!
┃                  ⇒⇒ http://goo.gl/URKfph
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 今号のメルマガは、前号に引き続き、『異文化主張力』(日経プレミアシリー
 ズ)から、韓国系移民の2世として日本で生まれ、日本で育った同書の著者T・W
 カン氏が考えるグローバルビジネスを勝ち抜く極意を、「単一民族的な組織体
 質」という切り口から紹介します。

 東アジアを見渡すと、政策や制度面で単一民族的な方針を貫いてきた国や地域
 はたくさんありそうですが、実際はほとんどなく、日本と朝鮮半島ぐらいしか
 ないのだとカン氏は言います。ほかの国々は、程度の違いはあるにしても、少
 数民族が存在するのに対して、日本や韓国の国内には多様化された国際環境の
 ミクロコスモス(小宇宙)がほとんど存在しません。日本人や韓国人が異文化的
 な多様性を体験するためには海外に出るしかないとカン氏は言います。グロー
 バル化に対して「日本と韓国は同じハンディを抱えているのだろうか?」とい
 うのがカン氏の問題意識です。

 企業活動の国際化に関してみれば、「日本企業や韓国企業が欧米企業と比べて
 海外事業の統治に長けていないのは、当然である」とする意見があります。英
 国は東インド会社の時代(17世紀初頭~)から海外経営や統治を経験しています。
 日本企業の海外との関わりは明治時代(19世紀後半~)以降、韓国企業の場合は
 20世紀以降です。つまりは企業活動の国際化の経験値が少ないのです。

 結論として「特定の民族をベースとした日本企業や韓国企業の民族結束は、欧
 米から見ると閉鎖的な体質に映る」と、日本企業と韓国企業をひとくくりにし
 て終わってしまいそうなところですが、カン氏の分析はここからが出発点にな
 ります。カン氏は単一民族的な組織体質からグローバル化への階段を登るアプ
 ローチに関し、日韓企業を代表するソニーとサムスン電子を比較しています。

 ◆経営陣に外国人を多数登用したソニー
 ソニーは日本に本拠地を置く企業としてはグローバル化の最前線を走ってきた
 と言われます。いち早く米国市場に進出し、コロンビア・ピクチャーズ買収
 (1989年)のような大型買収も手がけました。統治機構についても執行役と取締
 役を他社に先駆けて分離し、米国流に取締役会の大多数を社外取締役で構成し
 ています。

 米国的な統治と執行の分離や社外取締役を多数採用する方式のレールを敷いた
 のは元CEOの出井伸之氏でした。出井氏の後継としてCEOに選ばれたのがウェー
 ルズ系米国人のハワード・ストリンガー氏で、取締役会の構成も英国人、中国
 系など国際色が豊かな顔ぶれになりました。ソニーという単一民族的な日本企
 業の土壌の上に、西洋風の多様性を持つ米国流の統治構造を人工的に植え付け
 るという“実験”が行われたわけです。
 しかしながら、ソニーの業績は悪化し、CEOだったストリンガー氏は退任しま
 した。
 2013年の役員改選で、ソニーの取締役会がCEOを含め日本人主体に戻りました。
 英国人、米国人各一人ずつを除き、CEO、取締役会議長を含め、12人中10人が
 日本人になりました。結果的には「単一民族的な環境下での西洋風多様性を取
 り入れた統治構造に一種の限界が生じた」とカン氏は言います。

 ◆累積数千人規模の地域専門家制度を導入したサムスン電子
 一方、ソニーと競合するサムスン電子は、全く違う形で単一民族的な組織体質
 からグローバル化への階段を登りました。サラリーマン社長の多い日本とは違
 い、サムスン電子の場合、李一家をピラミッド形組織構造の頂点に置く、韓国
 流に言えば「支配構造」になっています。

 このように命令系統がトップダウンで強力に利く体制のもと、李健煕会長は19
 90年半ば、韓国人の職員を呼び、異文化の「復合化」を進めました。地域専門
 家制度の始まりでした。当初は外国語などの訓練を受けた韓国人職員が異文化
 にどっぷり浸かるため、1年ぐらい仕事をしなくても良いから、現地の社会に
 深く溶け込むように、趣味に関連するグループに参加し、その行動と結果を報
 告するという試みを会社負担で実施しました。

 韓国らしい、異文化の洗礼ならぬ、土砂降りに浸かるような経験を累積数千人
 に対して与えてきました。今ではこうした韓国人の人材が先進国はもちろん、
 BRICs諸国、中東、アフリカ、中南米など各国に配置されており、現在のサムス
 ン電子のグローバル展開の礎になっています。

 これは執行側の話ですが、取締役会については、韓国人が主体になっています。
 統治側と執行側のほぼ全員が韓国人で、両方がひとつの言語、ひとつの文化的
 背景の中で意思疎通うが図れるというのは効率が良いとカン氏は言います。

 これもまた単一民族の韓国社会における興味深い社会実験です。海外に展開し
 ている韓国人職員は本国での勤務経験もあり、本社における人脈が豊富な人も
 多いため、フットワークが軽く、効率とスピードの面で優れる体制になってい
 るというのがカン氏の見方です。

 いかがでしたでしょうか。
 単一民族的な組織体質を脱却すべく、経営陣に外国人を多数登用したソニー、
 累積数千人規模の地域専門家制度を導入したサムスン電子の例を紹介しました。
 みなさんの組織は単一民族的な体質ですか? そんな組織において、どのよう
 にグローバル化を図っていますか?

 ◆ソース◆
 ============================================
 『異文化主張力』日経プレミアシリーズ
 http://www.amazon.co.jp/dp/4532262151
 pp.45‐46、184‐189

 ソニー役員一覧
 http://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/Data/officer.html

 【特集】5分でわかるApple、サムスン、ソニー、40年の歴史
 http://iphone-mania.jp/news-66497/
 ============================================ 

【Vol.206】あなたの異文化主張力を10項目でチェック!

※本メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、
 本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
┃ ┃ 『実践ビジネス英語講座』 メールマガジン     
┣━┛ 
┃    グローバルリーダーへの道          2016/03/10 配信
┃                  ★最大15万円還付+豪華特典あり!★
┃                  【3/20まで】実践ビジネス英語講座
┃                   スタートダッシュキャンペーン中!
┃                  ⇒⇒ http://goo.gl/URKfph
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 今号のメルマガでは、異文化でのビジネスの場面で実践的に必要とされる行動
 や考え方、姿勢を『異文化主張力』(日経プレミアシリーズ)からクイズ形式で
 紹介します。以下のような瞬時に行動を起こさなければならないという場面で
 “あなたがどう対応するか”によって、結果は違って来てしまうのだと同書の
 著者のT・W・カン氏は言います。同氏は移民の2世として日本で生まれ育ち、
 「日本のことを良く知る外国人」と自認するだけあって、日本人が相手に対し
 て控えめな対応をするというクセを良く知っています。それではクイズ形式で
 10問の問題を出します。「正解はどちらか」を考えるだけではなく、自分だっ
 たら「正解だと思う方の行動」を、きちんととることができるか?まで振り返
 ってみて下さい。答えはメルマガの最後のほうにありますので、ご自身でセル
 フチェックしてみて下さい。

 【問題】
  グローバルビジネスにおいて、(A)と(B)とどちらの対応をすべきか?

 (1)紹介されて握手する際
 (A) 何気なく手を差し出す
 (B) 相手の目を見てしっかり握手する

 (2)“What’s new?”(最近、どう?)と聞かれたら
 (A) OK(まあまあ)と答える
 (B) “I’m working on an exciting project…”と返事する

 (3)議論が機関銃のように飛び交うなか、割り込めないとき
 (A) 話が落ち着くまで待つ。その後割り込む
 (B) 「大縄跳び」に飛び込むように、割り込むタイミングを見計る
 (C) 手をあげて大声で一言“Question”と言い、いったん議論をストップ
    させる。そして自分のペースに引き寄せてから質問したり、発言した 
    りする

 (4)相手が間違ったことを言ったら
 (A) 間違っていると思いつつも、相槌を打つ。何も言わないで黙っておく
 (B) “Can this be?”(本当にそう?)、“Rubbish”あるいは“Baloney”
    (いずれも「デタラメ」を意味する英語、米語表現)と言う

 (5)相手が自分の責任を追究してきたら
 (A) まず「ご迷惑をおかけして済みません」と言う
 (B) “Not necessarily”(必ずしもそうではない)、または“Not so fast”
    (そう結論を急ぐな)と言い、相手を制止する。その後、立場を簡潔に
    説明する。

 (6)微妙な問題について相手がYesかNoかと返事を迫ってきたら
 (A) 慌ててYesかNoを答え、“But…”と付け加える
 (B) “Neither. Let me explain”(どちらでもない。説明させてください)
    と答えペースを掴んだ後、説明する

 (7)自分の提案に対し相手が“Why”と聞いてきたら
 (A) 理由を延々と説明する
 (B) “Why not?”(別にやらない理由はある?)とまず言い、やる理由の
    要点だけを手短に説明する

 (8)発言中に相手が割り込んできたら
 (A) 相手に遠慮して発言を途中で中断して割り込ませてあげる
 (B) “Please let me finish”(最後まで聞いてください)と言い、発言を
    終わりまで続ける。発言を締めくくったのち、相手に反応させる

 (9)相手がこちらの主張に対し、“So what?”(だから何なんだ?)と言っ
    てきたら
 (A) 準備不足で右往左往する
 (B) 相手のpain point(「このままでは大変になる」という相手にとっての
    損得になる点)を簡潔に指摘する

 (10)議論がいつまで経っても終わらない
 (A) 根気よく待つ
 (B) “Time management (時間管理)をする。または複数の参加者が議論に
    疲れた表情をしているのを確認したのを確認した後、“at the end of 
    the day…”(結局は…)と結論に導く。


 【カン氏の考える答え】

 (1)(B)相手の目を見てしっかり握手する
 ちなみに、「(A) 何気なく手を差し出す」のは「dead-fish handshake」
 と言われます。「dead-fish handshake」するのは日本人に多いと言われ、特有
 の遠慮心からかあまり相手を強く握ることをしない(=相手が「痛い」と思うほ
 ど強く握ることを「失礼」だと思ってしまう)ため、自然とこの「dead-fish 
 Handshake」をしがちであると言われます。程よく力強い握手でないと、人との
 コミュニケーションに慣れていない、人付き合いが上手ではない、人前で堂々
 とできず自信がない――などのネガティブなイメージを相手に持たれてしまう
 可能性があるので特に米国では要注意です。

 (2)(B)“I'm working on an exciting project…”と返事する
 (3)(C)手をあげて大声で一言“Question”と言い、いったん議論をストッ
       プさせる。そして自分のペースに引き寄せてから質問したり、発
       言したりする
 (4)(B)“Can this be?”(本当にそう?)、“Rubbish”あるいは“Baloney”
       (いずれも「デタラメ」を意味する英語、米語表現)と言う
 (5)(B)“Not necessarily”(必ずしもそうではない)、または“Not so 
       fast”(そう結論を急ぐな)と言い、相手を制止する。その後、
       立場を簡潔に説明する。

 (6)(B)“Neither. Let me explain”(どちらでもない。説明させてくだ
       さい)と答えペースを掴んだ後、説明する

 (7)(B)“Why not?”(別にやらない理由はある?)とまず言い、やる理由
       の要点だけを手短に説明する

 (8)(B)“Please let me finish”(最後まで聞いてください)と言い、発
       言を終わりまで続ける。発言を締めくくったのち、相手に反応
       させる
  
 (9)(B)相手のpain point(このままでは大変になる点)を簡潔に指摘する

 (10)(B)“Time management (時間管理)をする。または複数の参加者が
       議論に疲れた表情をしているのを確認したのを確認した後、“at 
       the end of the day…”(結局は…)と結論に導く。


 いかがでしたでしょうか。
 日本の「常識」は世界の非常識ということを思い知らされます。同書は異文化
 でのビジネスの場面における実践的に必要とされる行動や考え方、姿勢を教え
 てくれます。日本人を相手にする時とは明らかに切り替えが必要ですね。外国
 人相手と日本人相手で、みなさんはどのように切り替えていますか? 

 次号のメルマガも引き続き同書から、「日本人は異文化、すなわち異なる文化
 の国や人に対して堂々と主張をするべき」というカン氏の厳しい指摘を紹介し
 ます。どうぞお楽しみに。


 ◆ソース◆
 ============================================
 『異文化主張力』日経プレミアシリーズ
 http://www.amazon.co.jp/dp/4532262151
 pp.16‐18

 良い握手 (Good Handshake) vs. 悪い握手 (Dead-Fish Handshake)
 http://www.booknest.jp/column/item?agcd=maki&aid=1032
 ============================================

【Vol.205】今話題のリスニング強化メソッドとは?

※本メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、
 本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
┃ ┃ 『実践ビジネス英語講座』 メールマガジン     
┣━┛ 
┃    グローバルリーダーへの道          2016/03/03 配信
┃                  ★最大15万円還付+豪華特典あり!★
┃                  【3/20まで】実践ビジネス英語講座
┃                   スタートダッシュキャンペーン中!
┃                  ⇒⇒ http://goo.gl/URKfph
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 
 今号のメルマガでは、リスニング力をつけるために注目されている新手法につ
 いてご紹介します。リスニング力をつけるための手法としてオーソドックスな
 ものにディクテーション(dictation)があるのは、みなさんご存じの方も多い
 かもしれません。音声を聞いて、一語一句文字に書きおこしていくという手法
 ですね。

 書籍『科学的トレーニングで英語力は伸ばせる!』(マイナビ新書)によると、
 ディクテーションを一歩進めて、リスニング力だけでなく、文法力や語彙力も
 一緒に鍛えていこうという手法を「ディクトグロス(dictogloss)」と呼ぶのだ
 そうです。同書の著者で立命館大学言語教育情報研究科教授の田浦秀幸氏によ
 ると、近年、この手法が大変注目を集めているとのことです。ディクトグロス
 には、せっかく英文を書き起こすというタスクを学習者に課すのならば、リス
 ニング力だけでなく、文法力や語彙力などほかの力も同時に鍛えることができ
 たほうが良いという発想が根底に流れているのだと田浦氏は言います。

 さっそく、ディクトグロスとはどのようなものなのか、その手順について、同
 書から紹介しましょう。

 1.リスニングする
 一度目は聞くだけです。

 2.キーワードをメモしながらリスニングする
 その後、もう一度聞きます。この際には、聞き取れた単語や語句をメモします。
 その後、断片的なメモや記憶をベースに、読み上げていると思われる文を再現
 して文字に書き起こしていきます。ここまではディクテーションと同じ手順で
 すね。

 3.二人で得た情報を補完し合い、文法の知識も使いながら英文を完成させる
 ここからがディクトグロスです。二人で行う共同作業をして「僕はこう聞こえ
 た」「私にはこう聞こえた」という話をする中で例えば、「全部は聞きとれな
 かったけれど、動詞が現在形だということは確実なので、この動詞には三人称
 単数を示すsがついているのではないか」とか「過去形だから‐edがつくよね」
 とか「ここは名詞のはずだから、動詞のmakeが入るはずはないぞ」というよう
 な文法の知識を二人で持ち寄り、パズルのピースをあてはめるように文章の全
 体像を解き明かしていきます。二人の文法力と語彙力を総動員して二人の共同
 作業で文章を完成させるわけですね。ディクテーションとの違いは、ディクテ
 ーションだと「一人で分からないものは分からない」でおしまいになってしま
 いますが、二人ならお互いにできないところや足りないところを補完し合いな
 がら進めていけるので、相棒学習者との話し合いがヒントになりそこからパズ
 ルの謎解きがさらに進展する効果が高いと言われています。具体的には、個人
 では正しい語彙を認識できなかったものの、学習者間の協力を通して、音のみ
 の記憶から、意味を考え適切な語彙を探り当てるような推理が行われるのだと
 言います。一人の学習者では複雑で再現できないような英文でも、学習者二人
 で協力することによってそれが可能になるというのだから不思議ですね。

 通常のディクテーションとは違い、ディクトグロスでは、学習者は、聞き取っ
 た英文をそのまま一言一句違えずに書き取る必要はありません。再構築する英
 文について、内容が合っていればよいので、別な表現を使っても構いません。
 例えば 聞く英文が Ken is good at skiing.であっても、書く際は、Ken can 
 ski. でもよいというわけですね。

 いかがでしたでしょうか。
 実際のディクテーションやディクトグロスでさっそく腕試ししてみたくなりま
 せんでしょうか?ディクテーションは一人でできますが、ディクトグロスも学
 習者仲間を見つけてぜひ試みてください。

 文末の◆ソース◆のENGLISH DICTATION TESTSですぐに挑戦できます。リスニン
 グ力に自信のある読者のみなさんは、同ウェブサイトの「elementary」と
 「intermediate」の2種類があるうち、 「intermediate」に挑戦してください。
 メルマガ筆者が何問かを試したところでは、本格的に難しいディクテーション
 テストでした。読み上げるスピードは「normal」と「slow」の2種類が用意され
 ています。もちろん、同ウェブサイトの中でスクリプトも用意されていますの
 で、聞き取れなかった箇所、書き間違えた箇所を、最後にスクリプトを見てチ
 ェックできます。ぜひお試しください。

 ◆ソース◆
 ============================================
 『科学的トレーニングで英語力は伸ばせる!』(マイナビ新書)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4839957371/
 pp.101‐104

 言語産出訓練の法論
 インプットからアウトプットへ
 http://goo.gl/U59xjr

 Learn English Through Dictation
 ENGLISH DICTATION TESTS
 http://www.learnenglish.de/dictationpage.html
 ============================================

【Vol.204】GUCCIを日本初輸入した、茂登山氏の英語力

※本メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、
 本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
┃ ┃ 『実践ビジネス英語講座』 メールマガジン     
┣━┛ 
┃    グローバルリーダーへの道          2016/02/25 配信
┃                  ★最大15万円キャッシュバック!★
┃                  【2/29まで】実践ビジネス英語講座
┃                   超お得な新春キャンペーン実施中!
┃                  ⇒⇒ http://goo.gl/URKfph
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 今号のメルマガは、例え英語が話せなくても、「笑顔」は真心や熱意を伝える
 ことができるというのがテーマです。

 突然ですが、仮にみなさんが日本の小さな個人商店の店主だとします。イタリ
 アのグッチの商品がまだ日本では売られていないと仮定して、グッチと取引し
 て商品を輸入販売したいとしたとき、みなさんならこの一見無謀にも思える状
 況のもと、販売権の獲得に向けてどのように交渉にこぎつけるでしょうか?

 『3割しか話さないのになぜかうまくいくビジネス英会話のルール』(ジャパン
 タイムズ)に実話のエピソードが紹介されています。銀座に「サンモトヤマ」と
 いう日本におけるインポートセレクトショップの草分け的な存在のお店があり
 ます。1955年に「サンモトヤマ」を創業した茂登山長一郎会長は1959年から欧
 洲に商品の買い付けに行くようになります。本店へ行きウィンドウショッピン
 グを重ねるうちに茂登山氏がバッグに惚れ込んだグッチを訪問し、「日本で売
 らせてほしい」と何度も繰り返し頼んでも、「うちには世界中からお客様がい
 らっしゃる。だから今は輸出する必要はありません」と断られ続けられたと言
 います。茂登山氏は英語もイタリア語もろくに話すことができず、何年もの間、
 門前払いが続きましたが、それでも諦めずに毎年のように、フィレンツェにあ
 るグッチの本店を訪問しました。ある年、当時のグッチの社長だったバスコ・
 グッチ氏に面会が許されました。グッチに限りませんが、当時は相手の社長と
 直談判して、取引を実現していけた時代だったのだと言います。

 直談判することがかなった茂登山氏はたどたどしい言葉でバスコ氏に必死にお
 願いしますが、やはり販売権を認めてはくれません。そのうち、パスコ氏は、
 何気なく銀製のシガレットケースを手に取り、「グッチはこんな商品も扱って
 いるんだよ」と茂登山氏に差し出して見せました。すると、茂登山氏は、素手
 で受け取るのではなく、胸元からポケットチーフを取り出し、シガレットケー
 スを恭しくパスコ氏から受け取りました。ひとしきりシガレットケースを眺め
 てから自分の指紋を綺麗に拭き取り、パスコ氏に返そうとしました。その様子
 を見ていたパスコ氏は茂登山氏に感激し、「これからはパスコと呼んでくれ。
 あなたと取引しましょう」と茂登山氏に申し出て、交渉が成立したのです。シ
 ガレットケースでさえこれほど丁寧に扱ってくれる人物なら、そのほかのグッ
 チの主力製品も大切に扱ってくれるに違いないでしょうし、安心して取引でき
 る人物だと茂登山氏のことを判断したわけです。同エピソードは書籍『江戸っ
 子長さんの舶来屋一代記』(集英社新書)に出て来ます。

 万人ができることではないと思いますが、こんなエピソードがビジネスの世界
 でも本当にあるものなのだなということを知っていただきたく、紹介しました。
 “ビジネスに必要なのは言葉を操ることではなくて、真心や思いを相手に伝え
 ることだ”と、前述した『3割しか話さないのになぜかうまくいくビジネス英
 会話のルール』の著者でビジネス心理学者の内藤誼人氏は言います。

 内藤氏の専門ではなく、ビジネス心理学者で、その中でも対人心理学とコミュ
 ニケーション論が専門です。会話するにあたっての基本的な心構えは日本語で
 あろうが英語であろうが変わりはないと言います。語学書には英会話するにあ
 たっての心構えが書いたものがないので、ビジネス心理学者の内藤氏が執筆し
 たのが同書というわけです。

 内藤氏によると、会話で大切なのは、言葉ではなく、豊かな表情です。豊かな
 表情を出しながら会話をすれば、日本語であろうが、英語であろうが、通じる
 のだと言います。英語のリスニングやスピーキングのトレーニングはするのに
 「なぜ、鏡を見ながら、魅力的な表情を見せるためのトレーニングをしないの
 か?」というのが、内藤氏の持つ問題意識です。英語には単語が10万語ほどあ
 るということですが、非言語的なシグナル(表情やしぐさ)は75万語もあると推
 定されているのだと言います。言葉ではなくしぐさや表情で伝えることのほう
 がはるかに成しうることが多いのだと言います・

 いかがでしたでしょうか。
 メルマガ筆者は外国人の絵師に似顔絵を描いてもらったことが20年ほど以前に
 あり、記念に自分の部屋に飾ってはいるのですが、その無表情さにその似顔絵
 を見るたびに「何とかしなければ」と思いつつ、何もせずに今日に至ってしま
 いました。

 表情やしぐさだけの無声映画の中で役を演じるチャールズ・チャップリンや、
 短時間で、表情やしぐさで人の注意を惹き、印象に残そうと競っているテレビ
 コマーシャルの中で役を演ずる人を思い浮かべながら同書を読み進めました。

 みなさんは、表情やしぐさで外国人とのビジネス・コミュニケーションがうま
 くいったという経験をお持ちですか?

 ◆ソース◆
 ============================================
 『3割しか話さないのになぜかうまくいくビジネス英会話のルール』
 (ジャパンタイムズ)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4789016218
 pp.69‐71、214‐215

 『江戸っ子長さんの舶来屋一代記』(集英社新書)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4087203026

 サンモトヤマに関する茂登山長一郎氏インタビュー
 http://www.matsuya.com/m_ginza/about/ginza/details/130807_01.html
 ============================================
 

【Vol.203】難易度の高い英語は“イメージを訳す”

※本メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、
 本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。
 
■━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
┃ ┃ 『実践ビジネス英語講座』 メールマガジン     
┣━┛ 
┃    グローバルリーダーへの道          2016/02/18 配信
┃                  ★最大15万円キャッシュバック!★
┃                  【2/29まで】実践ビジネス英語講座
┃                   超お得な新春キャンペーン実施中!
┃                  ⇒⇒ http://goo.gl/URKfph
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 
 今号のメルマガのテーマは、仕事の知識をうまく使えば、英語がたとえ苦手で
 あっても、良好なコミュニケーションを取ることを助けてくれる――というお
 話です。メルマガの読者のみなさんにも、これまでに培って来た知識というか
 けがえのない力が既に備わっています。その知識が“英語以上にものを言う”
 ということがあるのだということ、そして、知識をグローバルビジネスの現場
 で最大限に活用することがいかに重要かを書籍から具体的な例をあげて解説し
 ます。

 ちょっと聞きなれない技術用語を含む日本語かもしれませんが、「脱脂不十分
 のまま、規定トルク上限でボルトを締め付けたため、首下近傍より破断した」
 ――この技術的な内容を、英語で相手に理解してもらう必要があると仮定しま
 す。上記のような難しい日本語をプロ通訳者はどう通訳するのでしょうか?自
 分が意味を理解していないままに通訳しても、相手に意味が伝わることはない
 でしょう。字面だけを英語に変換しても役に立たない場合があります。そこで
 知識の出番が出て来ます。

 書籍『「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年
 後に同時通訳者になれた理由』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の中で、
 著者でプロ通訳者の田代真一郎氏が通訳のコツを教えてくれています。田代氏
 はプロ通訳者になる前は三菱自動者工業に定年60歳まで在籍していた技術者で
 す。技術者時代、ボルトにいろいろと苦労をさせられてきたことからも、ボル
 トに関する相当な知識があるため、上記がどういう状況なのかということが頭
 の中ですぐにイメージできると言います。そのイメージは次のようです。

 ボルトに切削油が拭き取られずにつきっぱなしになっていたため、締め付けた
 力がネジ面の摩擦で本来ならロスするところを、ネジ面の潤滑が良すぎてロス
 せずに、ボルトが必要以上に回転した。すると、ボルトを引っ張る力がもろに
 軸部にかかり、最弱箇所であるボルト頭の付け根(首下)近傍のところからちぎ
 れた。

 みなさんも、ボルトの六角形をした頭をスパナで力任せに回しすぎて、ボルト
 が頭からポロリとちぎれてしまった経験を持っているかもしれません。そんな
 現象の説明です。

 ボルトに何が起きたのかというイメージが頭の中にあれば、起こった現象を、
 順を追って分解して説明できます。通訳ではそのイメージを一つずつ英語で言
 えばいいのだと言います。たとえ下手な英語でも、こうした説明方法の方が結
 構通じるのだというのが田代氏の経験則です。例文としてあげた「脱脂不十分
 のまま、規定トルク上限でボルトを締め付けたため…」という日本語はそのま
 まは通訳しません。話をわかりやすく伝えるためにはロジックが必要です。知
 識に裏打ちされたロジックは、明快で説得力があります。

 具体的に英語を見てみましょう。
 「ボルトに切削油がつきっぱなしになっていた」
 (A bolt had cutting oil on it.)
 (A bolt was left with cutting oil on it.)
 (Cutting oil was not wiped away from a bolt.)
 (There was cutting oil left on a bolt.) 
 など何でも良く、とにかく切削油のついたボルトのイメージを英語にします。

 →「そのため、摩擦係数が低下していた」
 (Because of it, the friction coefficient was low.)
 (Cutting oil made the friction coefficient low.)
 (Cutting oil lowered the coefficient of friction.)

 →「油を拭き取らず、そのままの状態で締め付けた」
 (The bolt was tightened without wiping the oil from it.)
 (The worker tightened the bolt with oil left on it.)
 (Nobody wiped the oil from the bolt and it was tightened.)

 このような調子で以下のようにボルトが破断していったメカニズムを一つ一つ
 英語にしていくのだと田代氏は言います。

 →「加えて、トルクスペックの規定値上限の力で締めた」
 →「これらが重なって軸力過大となった」
 →「最弱部であるボルト頭の付け根付近の応力が、材料の許容値を超えた」
 →「その結果、ボルト破断に至った」

 いかがでしたでしょうか。
 上記のボルトの文章を通訳する例は、頭の中にあるイメージを英語にする方法
 で「イメージ・トランスレーション」と田代氏は読んでいます。これは、自分
 が知識を持っていて内容をよく理解しているからこそできる技です。門外漢の
 人には難しいでしょう。例えば、技術者なら技術者の仕事で、医師なら医師の
 仕事で、頭の中に出来上がるイメージを英語できるというアドバンテージの大
 きさに気づいていない人が多いのではないかと田代氏は指摘します。

 みなさんは「イメージ・トランスレーション」を英語でコミュニケーションす
 る時に使っていますか?

 ◆ソース◆
 ============================================
 『「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年後に
 同時通訳者になれた理由』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4799317806
 pp.74、78、152‐154、192‐197

 田代氏のブログ「定年からの通訳デビュー」
 http://ameblo.jp/mococyanpapa/
 ============================================
 
実践ビジネス英語講座
講座紹介CM
▼実践ビジネス英語講座-PEGL[ペグル]-▼

▼開講10周年記念スペシャル映像▼
メルマガ購読する!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

About Kenichi Ohmae
Facebook
  • ライブドアブログ