【Vol323】ニュアンスがずれた日本人の英語とは?

メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/07/26 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、知っているようで、日本で意外と知られていない
英語を紹介します。数ある中でも、今回は『日本人の9割が知らない
英語の常識181』(ちくま新書)から4つ取り上げてみたいと思います。

(1)“hobby”が意味するニュアンス

×ニュアンスがずれた日本人の英語

What's your hobby?

スモールトークの鉄板である「趣味はなんですか?」という質問
ですが、同書によると、ネイティブの感覚では、“hobby”は
「切手やコインを収集したり、模型を組み立てたりすること。
あるいは園芸や美術などの活動にいそしむこと」と日本の感覚
よりも本格的な“趣味”を指します。さらには「向上心を持ち
ながら、ひとりで長期にわたって打ち込んできた活動」といった
ニュアンスも持っています。というわけで、読書、映画鑑賞、
音楽鑑賞など暇な時にしていることは“hobby”に含まれません。

○ネイティブの英語
What do you like to do in your free time?

軽い雑談であれば「暇なときは何をしているのですか?」と尋ねる
のが一般的です。あるいは、以下のように問いかけることも可能です。

○ネイティブの英語
What do you spend your free time?

いずれにしても、上の二つの文章が日本語でいうところの「趣味は
何ですか?(≒暇な時は何をしているのですか)」に置き換えることが
できる英語表現です。

(2)「その本なら3冊買ったよ」と言いたい場合

日本人は以下のように言ってしまいがちです。

×ニュアンスがずれた日本人の英語

I bought three books.

上の文章のどこに問題があるのでしょうか。実は、この表現だと
「異なる3冊の本を購入した」と聞こえてしまいます。

○ネイティブの英語

I bought three copies of that book.

同じ本を3冊購入したときは“three copies”としなければなりません。
“copy”は印刷(複写・複製)された「(本・雑誌の)1冊」、
「(新聞の)1部」、「(CDや版画の)1枚」を意味します。

《例文》

This book sold 150,000 copies.
(この本、15万部売れたんだって)

I ordered two copies of that DVD, one for you and one for Naomi.
(そのDVDなら2枚注文しておいたよ。あなたとナオミのために)

(3)「携帯にメールします」と言いたい場合

×ニュアンスがずれた日本人の英語

I'll e-mail you.

上の文章だと「パソコンに電子メールを送るよ」という意味になって
しまいます。日本人はパソコンであれ、携帯であれ、「メール」は
すべて“e-mail”という単語を使う傾向にありますが、英語では
パソコンと携帯は分けて用いています。携帯に「メールする」は
“e-mail”ではなく“text”という単語を使います。ちなみに
“e-mail”も“text”も名詞と動詞両方に使います。

○ネイティブの英語

I'll send you a text.
I'll text you.

使い分けられるようになった経緯について、Text message(携帯
メッセージ)が“text”に省略して使われるようになり、さらに
動詞としても使われるようになったと同書では解説しています。

《例文》

Text me if you're running late.
(遅れそうだったら、携帯にメールください)

(4)「インスタ映えする」と言いたい場合

×ニュアンスのずれた日本人の英語

The food there is good for Instagram.

「あそこの料理はインスタグラムに適している」と発想する日本人が
多いと同書では言います。多分通じるでしょうが、ネイティブは上の
文章のようには言いません。

○ネイティブの英語

The food there is Instagramable.
The food there is Insta worthy.

いかがでしたでしょうか。
“Instagramamble”や“Insta worthy”は日本語の「インスタ映え」
と同様、誰ともなく使い始めた造語が自然に広まったのだと思い
ますが、「うまいこと表現するな」と感心させられます。いまや
「インスタ映え」意外では表現できないほど日本語として定着して
いますよね。“Instagramamble”や“Insta worthy”をこのままの
英語表現で覚えてしまいましょう。



◆ソース◆
================================
『日本人の9割が知らない英語の常識181』(ちくま新書)
https://www.amazon.co.jp/dp/4480071334
pp.24、41、55、56
================================

【Vol322】外国人の“一方的な話”が終わらない理由

メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/07/26 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、外国人の話を最後まで聴くことなく、むしろ、
途中でどんどん割り込んだほうが良いという話です。「相手(外国人)の
話がいつになっても終わらない…」という経験のある方も多いのでは
ないでしょうか。なぜ外国人はノンストップで話すのか、日本人が
話に入れないのか…。英語力の有無以外にも“別のメンタルブロック”
が働いている可能性が高いかもしれません。

◆「人の話を最後まで良く聴く」と、外国人の一方的な“独演会”は
いつまでも終わらない

メルマガ筆者は「人の話を最後まで良く聴く」(話の途中で割り込ま
ない)ということを幼い頃から叩き込まれてきた記憶があり、身に染み
付いています。みなさんも同じように親や学校から叩き込まれてきた
人が多いのではなないかと思います。

「外国人の話を最後まで聴くことなく割り込んでも良い」という話は
たびたび聞くことがありますが、「必ずしも割り込む必要はない」、
「最後まで話を聴くことは悪いことではない」と考えていました。
ところがむしろ「途中でどんどん割り込んだほうが良い」という意見が
あるのを知り驚きました。その意見を書籍『最強の英語学習法 グローバル
人材を育てる実践的英語教育』(BCパブリッシング)から紹介します。

日本人の話は、最初のほうはほとんどが状況説明であまり意味がなく、
最後に自分がどう考えるか、相手にどうして欲しいのかを伝えることが
多いので、最後に何を言うかを注意して聴く必要があります。この理を
知れば、「人の話を最後まで良く聴く」ということを叩き込まれるのも、
相手が完全に話し終わるまで待つのが礼儀というのも納得です。

それとは反対に、英語は最初に結論(その人の意見)を言います。
同書によると、相手の話は冒頭に神経を集中して聴けば良く、それに
対してどう応じるかを考えながら、相手の後半の話は軽く聞き流せば
良いということです。外国人同士では、ほとんどの場合、論争になると、
相手が最後まで言い終わらないうちにどんどん反論し始めます。
そのため、議論が熱くなればなるほど、お互い相手に途中で割り込ませ
ないために“Let me finish!”を連発します。(映画や海外ドラマでも
よく耳にしますね)

こんなことをされると、多くの日本人は「話の途中で口を挟む、
外国人の強引な割り込み方は失礼」だと思ってしまいます。しかも
“Let me finish!”と言われたら、日本人なら口を挟むのを遠慮して
しまうのではないでしょうか。

では、日本流に、外国人の話が終わる最後まで黙って待とうとすると
どういうことが起きるでしょうか。同書によると、相手はこちらが
「反論できない」のだと判断して、さらに畳み掛けて一方的に話し続け、
話は永遠に終わらなくなるのだと言います。ですから、話の途中で
どんどん割り込んで、こちらの考えを述べるのが礼儀にかなっている
というわけです。

◆「Yes, yes」の連発はネガティブに受け止められる?

日本人にありがちなクセとして注意しなければいけないことの一つに、
相手の主張に多少違和感があっても“Yes, yes”と言ってしまうこと
があります。このクセは注意しないと、相手に「賛成」しているもの
と誤解を与えてしまうのはよく言われる通りです。

では、相手の主張に違和感がなく全面的に賛成な場合はどうでしょうか。
全面的に賛成ならば“Yes, yes”を連発しても問題ないように思えて
しまいますが、それもやはり問題があるというのが同書の意見です。

日本人は相手の話に相槌を打ち、合わせるのが美徳です。相手の意見に
同意できる点があれば「イエス、イエス」と言うのが美徳なわけですが、
外国人にはこれは当てはまりません。相手から往々にして、「自分の
意見、主張を持っていない人」、「他人に従順で自立心のない弱い人」
とむしろネガティブに受け止められやすいのだと同書では述べています。

外国人から「面白い相手」と見なされるのは、むやみに同意するのでは
なく、相手の言うことに異を唱え、積極的に「私はこう思う。その場合、
私ならこうする」という人です。なぜならそこに個性が感じられるから
であり、逆に個性のない人は馬鹿にされ、無視され、すぐに忘れ去られる
と思ったほうが良いということです。

いかがでしたでしょうか。
「外国人が全部話し終わったら意見を言おう」と話を終わるタイミング
をうかがっていたけれど、待てども待てども話が終わらず、そのまま
時間切れになってしまった経験がみなさんはないでしょうか。同書に
よると、こちらが話を途中で遮らないということは「こちらの意見が
ない」ものと判断して、さらに畳み掛けているからいつまでたっても
話が終わらないのですね。これがビジネスの交渉の場で起きたなら…と
考えると、知らず知らずのうちに自ら機会損失を増やしていることに
なるかもしれません。

みなさんは、多少強引でも、話の途中に割り込むことができますか?



◆ソース◆
================================
『最強の英語学習法 グローバル人材を育てる実践的英語教育』
(IBCパブリッシング)
https://www.amazon.co.jp/dp/4794605145
pp.60-61
================================

【Vol321】学校では教わらなった“発音のルール”とは

メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/07/12 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、学校の英語の授業では教わらなった発音のルール
についてです。書籍『人生を変える英語力』(大和書房)から紹介します。

◆丁寧に発音しても英語は伝わらない?

「I・speak・English」と一つ一つの単語の後に間(ま)を入れて
明確に話すことと「1speakEnglish」とまるで一文が一単語になる
ように流れるような英語を話すことと、どちらがネイティブに通じる
のでしょうか。間違いなく後者の英語だと同書は述べます。むしろ
前者の英語ではネイティブには通じないと言っていいかもしれないと
まで指摘しています。

しかし、残念ながら「勇気を持ってこの発音の壁を越えることが
できている日本人は少ない」というのが現状なのだそうで、日本人が
話しているブツ切れ英語から脱却させ、「よりネイティブが話す
滑らかな英語に近づけるためのルール」を同書では解説しています。
このルールを徹底して繰り返し練習することにより、ネイティブが
話す抑揚のある英語に近づくことができるとすれば、皆さんも
チャレンジしてみたいと思いませんか?本メルマガでは紙幅の制限の
都合から、ルールを一つだけ紹介します。

◆ルール:母音を子音に引き寄せる

二つの隣接する単語で、初めの単語が子音で終わり、次の単語が
母音で始まるとき、後の母音は前の子音に引き寄せられる

例として、Japanese appleの発音を同書であげています。
「日本の・りんご」という意味を伝えることに注力しようとすると、
Japanese(間)appleという発音になります。実際の英会話では
Japaneseapple。躊躇なくZappleという音に変化します。一度自分で
Zappleが言えるようになると、先頭の「z」の音はJapaneseの語尾の
音であるという仕組みが理解できるので、聞き取れるようになります。
このように仕組みを理解したうえで発音練習していくと、自分の英語
が変わっていくと同書では述べています。発音を繰り返し練習すること
により、実はネイティブの英語が聞こえてくるようになると言います。

ヒアリングだけを繰り返している人がいつまでたっても英語が話せ
ないのは、ここに原因があります。原理原則のルールを理解した上で
英語を話す人になって初めて、相手が話す英語が聞こえてくるのです。
「話せない人には聞こえない」と同書では指摘します。

このルールを既に知識としてご存知の読者は多いと思います。そこで、
もう一つ問題を出します。

Chief Exective Officer
を発音してみてください。

Chiefexectiveofficer
カタカナで書く場合、単語末尾の子音と単語の始まりの母音をつなげる
知識を応用すると、素直に続けて発音すれば以下のようになります。

(1)チーフェグゼクティヴォフィサー

長くて舌をかみそうになって早口ではチーフ・エグゼクティブ・
オフィサーのほうが発音しやすいですよね。ですので、わざわざ
3単語をつなげて発音練習しないと思います。しかしながら、常に
Japanese appleのように単純な2単語だけとは限りません。

このような場合は、どのように発音練習したら良いのでしょうか。
実際の英語の発音は以下のようだと同書では述べています。

(2)Chie Fexecti Vofficer

【練習問題】
(1)Japanese apple
→Japane Zapple

(2)Good idea
→Goo Diea

(3)User interface
→Use Rinterface

(4)Chief Executive Officer
→Chie Fexecuti Vofficer

(5)I made up my mind.
→I ma Dup my mind.

(6)Business opportunity
→Busine Sopportunity

(7)Break even point
→Brea Keven point

(8)Competitive ananysis
→Competiti Vananlysis


いかがでしたでしょうか。
「母音を子音に引き付ける」という知識はあっても、Chief Executive 
OfficerをChie Fexecuti Vofficerのように発音するのをメルマガ筆者は
知りませんでした。カタカナ英語のチーフ・エグゼクティブ・オフィサー
とどうしても発音してしまいます。みなさんは、これまでどのように
発音していましたか?


◆ソース◆
================================
『人生を変える英語力』(大和書房)
https://www.amazon.co.jp/dp/4479795332
pp.99-101
================================

【Vol320】潜入レポ!Business Small Talk セミナー

メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/07/05 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、6月22日(金)夜に行われた『Business Small Talk
セミナー』の潜入レポをお届けします。本セミナーの講師は、
実践ビジネス英語講座(PEGL)で10月に開講となる新コース「ビジネス・
スモールトークコース」の担当を務める木内裕也氏です。著書『同時
通訳者が教える英語雑談の全技術』(KADOKAWA)の共著者で、米国在住の
同時通訳者でもある彼が掲げるテーマは“Small talk is NOT small.”
(たかが雑談、されど雑談。注:メルマガ筆者の意訳)。雑談が人間関係を
作るツールになるというのがポイントです。参加者約30人が4人一組の
少人数グループに分かれて「日本語×英語のワーショップ」で実際に
small talkを交えながら学び合いました。

“small talk”とは、雑談や世間話のことです。普段、あまり気に
かけることもなくおしゃべりしてしまいますが、グローバル企業で
働くビジネスパーソンにとって、外国人の同僚とよい関係を構築する
のはとても重要なことです。ビジネスを通してお互いに一つ一つ信頼
を高めていくわけですが、ビジネスの本題に入る前に趣味やスポーツ、
最近のトピックなどといった雑談を上手に取り入れて相手と共有する
ことで、お互いの距離が縮まります。親近感が高まることによって
その後のビジネスがスムーズに進んだという経験をみなさんも持って
いるのではないでしょうか。

◆雑談であっても「相手を大切に思う気持ち」をいつも忘れない

木内氏のセミナーの中で、メルマガ筆者が印象に残ったのが、
木内氏が通訳の仕事で数年間一緒になる機会を得た、ある日本人の
エピソードです。その日本人は国内畑でキャリアを積み重ねてきた人
ですが、キャリアの最後の10年弱で、買収した米国企業の取締役会長
として年に数回、米国に渡って取締役会議長として会議を仕切ること
になりました。英語が不得手な人であったため、会議では必ず木内氏
の通訳を使いましたが、休憩時間には通訳を介さず、ブロークンな
英語でも積極的にメンバーとコミュニケーションをとるため、木内氏も
驚いたそうです。取締役会に怪我をして包帯を巻いてきた米国人役員
には、その3ヶ月後にも「怪我の具合は?」と、誰よりも先に気遣いの
言葉をかけており、その結果として良好な人間関係が構築され、
会議の運営も円滑に運びました。

そのような姿を木内氏は見ていて、“コミュニケーションに占める
語学力の割合は低い”と感じたと言います。たとえ英語力が不足して
いても、「相手に伝えたい」とか「相手についてもっと知りたい」と
いう姿勢が何よりも大切なわけです。逆に英語力が長けていても、
このようなスキルが足りなければ、信頼関係の構築はできません。
心が通いあえば、自然にお互いの共通の関心事項を見つけることが
できるようになります。

初対面の人、職場である意味仕方なく付き合う人たち、あるいは次に
いつ会うかわからない人とのコミュニケーションはおろそかになりがち
です。あらゆる人とのコミュニケーションを楽しみましょう。相手と
思わぬ共通点を見出すことができたり、何かを学ぶことができたりする
に違いありません。こうした「気遣い」を実践していくことで、相手の
人にとっても自分が大切な人になることができれば幸せですね。

◆自己紹介では「会社名」だけでなく「職種」も話さないと聴く側の
印象に残らない?

セミナーでは冒頭、参加者4人一組のテーブルの中で、4人がお互いに
自己紹介し合いました。その後、4人の中で一番最初に自己紹介した
人を、他のメンバーがセミナー参加者全員の前で他己紹介しました。
「自己紹介したことを、実は、意外と聞いてもらえていない」という
のが木内氏のコメントです。

会話の中で仕事の話になったとき、多くの場合、どこの会社で働いて
いるかよりも、どんな仕事をしているかに興味を持っているといいます。
例えば、

I work for BBT corporation.
(BBTという会社で働いています)

と答えても誤りではありませんが、相手の知りたい内容は、「どんな
仕事をしているか」だということに注意が必要です。この場合は、
会社名を答えるよりも、話は弾みます。例えば、

I'm a marketing manager.

と言うほうがより仕事の内容が具体的になりますね。つまり、所属
している組織が何であるかとか、その組織が何をしているかよりも、
“実際に何をしているのか”“何が出来る人なのか”が、外国人との
雑談の中では重要です。

いかがでしたでしょうか。
初対面の人同士が集まったセミナーは終わった途端、散り散りに
なってしまうのが普通ですが、雑談というテーマに問題意識を持って
集まった皆さんだけあって、終わった後、参加者同士で情報交換を
したり、木内氏と記念写真を撮るなどして一期一会を大切にしている
姿がありました。メルマガ筆者も何度かPEGL主催の英語セミナーに
参加していますが、ここまで和気藹々とした熱気は感じたことがない
ように思います。これもいわゆる“雑談の力”なのかもしれません。

皆さんは普段、どのような姿勢でビジネス・スモールトークに挑んで
いますか?


◆ソース◆
================================
『同時通訳者が教える英語雑談の全技術』(KADOKAWA)
https://www.amazon.co.jp/dp/4046015330
pp.3‐5、24‐25、222-223

ビジネス・スモールトークコースの詳細はこちら
https://pegl.ohmae.ac.jp/course/smalltalk/
================================


【Vol319】ビジネスに効く!英文の速読テクニック

メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/07/05 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、英文を速読する方法についてです。書籍『英語の
あたらしい読みかた』(IBCパブリッシング)から紹介します。
みなさんは英文をひたすら読むということに抵抗はありますか?
実は、負荷をかけることによって読む速度を効率的に高めることが
できるといいます。さっそく紐解いていきましょう。


◆「フレーズの塊を一瞬で画像認識する」速読テクニック

日本語で「風林火山」という四文字熟語を見たときにみなさんは
「風」「林」「火」「山」というように四文字を左から右に渡り
歩くように読んでいるでしょうか。きっとそうではないはずですね。
「風林火山」という四文字熟語全部を一気に、英語で言うところの
at a single glanceで“画像認識”しているはずです。

同書によると、英語でも、何度も読むうちに、頻出する英語は、
「風林火山」のごとくチャンクとして塊を一瞬で画像認識できる
ようになるのだと言います。日本語の四文字熟語を目にしたときと
同じ感覚で、「読む」から「フレーズの塊を画像認識する」に変わる
プロセスです。読むよりも一瞬で画像認識するほうが圧倒的に速いのです。

“風林火山読み”を助けるのはスラッシュ“/”で(頭の中で自然に)
切るプロセスです。例えばの具体例として、以下の英文を見てみましょう。

【例文】
I would like to introduce/two people I admire.

区切れでひと塊として見ることに慣れてくると、前半の部分は5つの
単語が“風林火山現象”で一つの「紹介したいのです」という意味を
持った英語として認識できるようになります。

ひと塊として認識できるバリエーションを増やすことが、英文に慣れ
ていく“風林火山現象”であり、速く読めるようになる最大のポイント
なのだと同書は言います。

例えば、長文の英文メールを受け取るとします。メールの冒頭の部分
や締めの部分は大体決まりきった英文なので、自分の頭の中で塊の
バリエーションの一つとして認識できれば、その部分は駆け抜ける
ことができ、速度が上がります。

例えば以下のようなお決まりの英文です。

【例文】
If you have any questions, please let me know.

こういった英文は見慣れすぎて、メールの最後にif you have~が出て
きた時点で、後半を読まなくても、大体の予想がついてしまいます。
これはつまり「風林火山」と同じで、“If you have any questions, 
please let me know.”という一つのお決まりのフレーズとして、
「読む」から「フレーズの塊を一瞬で画像認識する」ところまで
消化&昇華できているからなわけです。

もちろん、すべてがすべてよく出てくるフレーズやお決まりの文章
ではないので、全部が「風林火山」のように見えるわけではありません。
しかし、意味の塊で(頭の中で自然に)区切り、単語を一つずつ左から
右へと渡り歩くのではなく、まとめて画像認識するような感覚で読める
ようになるところを目指すように同書ではすすめています。


◆読む速度(WPM)を管理できるアプリの例

みなさんは、自分の読む速度がどのくらいなのか、定量的に把握して
いるでしょうか?読む速度の代表的な指標としてWPM(Words Per Minute)
という単位があります。1分間で読むword数を表す数字です。(読む速度
として以外にも、話す速度やタイピングする速度にも使われます)

本メルマガでは話を読む速度に絞りますが、数字の具体例を示すと、
TOEICのリーディングセクションではWPMが150~180ないとしっかり解き
終わることができないと同書では言います。読む時間だけでなく、
答えるのに必要な時間や内容の理解度などによっても大きく変わるため、
一概には言えませんが目安にはなります。

このWPMの測り方ですが、スマートフォンのアプリやウエブサービスを
使えば簡単に測ることができます。文末◆ソース◆に記載したURLの
ようなツールを使うと、強制的な速度で読む練習もできます。


◆音声化して読まないようにして読むスピードを上げる

サブボーカライズとは、黙読しているはずなのに頭の中や小声で声に
出して無意識のうちに音声化してしまうことです。口にできる速さは、
“風林火山読み”のような「フレーズの塊を一瞬で画像認識する」
速さを上回ることができません。声に出さず、頭の中でも音声化せずに
読む練習をすると読む速度がさらに自然に上がる感覚が得られると
同書では言います。サブボーカライズを防ぐことをアンチ・サブ
ボーカライズと言います。

アンチ・サブボーカライズのための具体的な練習方法として、同書の
著者はガムを噛みながら読む方法や「シー」と息を歯の隙間から吐き
出しながら読む方法を行ったと言います。アンチ・ボーカライズの
練習方法には決まったやり方というものがないので、音声化して読ま
ないようにするためにはどうするのがベストなのか、自分自身で工夫
して取り組む必要があります。

いかがでしたでしょうか。
読む速度(WPM)を管理できるアプリが存在するのをメルマガ著者は知り
ませんでした。陸上や水泳で自己ベストタイムをコンマ何秒という
わずかな数字でも更新できると、一人で練習していても成果を実感できて、
モチベーションのアップにつながります。同じ方法をリーディングでも
使えるのですね。

みなさんの読む速度は、何WPMですか?


◆ソース◆
===============================
『英語のあたらしい読みかた』(IBCパブリッシング)
https://www.amazon.co.jp/dp/4794603606
pp.186-193

強制的な速度で読む練習を行うアプリなどを提供するURLの例
Polyglots
http://www.polyglots.net/

Spreeder
http://www.spreeder.com
===============================
実践ビジネス英語講座
講座紹介CM
▼実践ビジネス英語講座-PEGL[ペグル]-▼

▼開講10周年記念スペシャル映像▼
メルマガ購読する!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

About Kenichi Ohmae
Facebook
  • ライブドアブログ