メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/02/15 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、英語の発音についてです。書籍『ネコろんで
学べる英語発音の本』(実務教育出版)から紹介します。日本語には
ない、英語の発音で代表的なのが[f][v]と[th]ですが、
「[f][v]は下唇を噛む、[th]は舌を噛む」というイメージを
持ってはいませんでしょうか。同書の著者によるとこれは両方とも
「多くの日本人の勘違い」だと言います。唇や舌を噛んでいては、
スムーズに言葉が話せません。今回は、同書から[f][v]と[th]
の正しい発音の仕方を紹介します。

(1)[f]と[v]の発音
[f]も[v]も下唇を噛みません。下唇を噛むのではなく、「下唇を
持ち上げて軽く上の歯に当てる」のが正しい発音だということです。
ポイントは、下唇のほうが上唇よりも前方に出ていることです。下唇
の内側、粘膜の部分が上歯に触って、少し受け口になっている状態です。
下唇の外側ではなく、粘膜の部分に歯を当てます。

もう一つ気をつけなければいけないのは、口が横に広がってしまわない
ようにすることです。[f]も[v]も“アヒル”のように上下の唇を
突き出します。アヒル口の状態で、下唇を上の前歯に軽く持ち上げます。
アヒル口のつくり方については(2)で後述します。下顎を上に持ち
上げて、下唇を動かすイメージです。

上の前歯に下唇が触れたら、そこで「フー」と息を吐き出します。
日本語の「ふー」も[f]にかなり近い音なのですが、唇に起きる吐き
出す息の摩擦は[f]のほうが日本語の「ふー」よりもかなり大きい
のが特徴です。

[f]の有声音が[v]ですね。有声音と無声音は、声帯を震わせて
音を出すか出さないかの違いだけで、口や舌の動きはすべて同じです。
アヒル口のまま下唇を上の前歯に軽く当てた状態で、息を吐きながら
声を響かせます。その時、のどから反響する音が下唇に伝わり、
ビリビリと震えるはずです。唇が震えてこない場合、歯で下唇を噛んで
いる可能性があります。唇をあまり強く歯に押し当て過ぎないように
するのが、[v]の音を正しく出すコツです。上下の唇がくっついて
しまうと、[b]の音になってしまうので注意しましょう。

(2)アヒル口について
英語では日本語よりもはるかに立体的に唇を使います。「アヒル」の
ように上下の唇を突き出して発音する子音が、[f]「v]以外にも
たくさんあります。アヒル口が英語を話す時の口の基本形です。よく、
グラビアアイドルが上目使いに唇をプルンと突き出した表情をして
いるグラビア写真がありますが、同書によるとあの表情を思い浮かべる
のが良いとのことです。口の両端を少し上げてエクボができる状態にし、
そのままアヒルのように上下の唇を前に突き出します。この時、唇や
口の周りの筋肉に力を入れてはいけません。力んでしまうとうまく
動かせなくなくなります。リラックスした状態で行うことが、アヒル
口を作るコツです。

ここで大切なのは、必ず、鏡を見て自分の口の形を確認することです。
「いやいや、鏡を見て、自分の口の形を確認するなんて、そんな女子
みたいなことを・・・」と思った男性のメルマガ読者諸氏はいません
でしょうか。英語をマスターするためです。例えば、ゴルフの上達を
目指してスイングを確認するとき、鏡の前でフォームを必ず確認する
と思います。それと同じです。アヒル口は女子に限りません。英米人は
おじいさんでもアヒル口です。恥ずかしがらずに練習するようにという
のが、著者からのアドバイスです。

(3)[th]の発音
[th]の発音は舌を噛むのではなくて、舌で息をせき止めます。
[s]の発音は舌先を下げて下の前歯の裏側につけ、息の通り道を作り
ます。[th]では逆に舌先を上の前歯の裏側につけることで、息を
ブロックします。日本語で「た」「だ」を発音するときに舌がぺたっと
上顎につきますが、つく位置を少しだけ前にずらします。上の前歯の
付け根周辺に舌をスライドさせれば、[th]の発音になります。

ただし、ゆっくり話す時や強調したいとき、[th]の発音で実際に
舌を噛んで発音することがあるようです。例えば“I think…”と
“think”を強調したり、定冠詞“the”を強調するときなどは、
いったん上下の歯に挟んでから発音します。

いかがでしたでしょうか。
[f][v]の発音について、同書で解説しているような歯と唇の動き
をするということをメルマガ著者は初めて知りました。みなさんは、
どのように発音していましたか?


◆ソース◆
================================
『ネコろんで学べる英語発音の本』(実務教育出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4788911396
pp.76-80、128

同書の著者=明場由美子氏のYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/yumithecatlover

同ホームページ
http://englishbootcamp.jp/
================================