メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/02/22 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、英語で経済の1次情報を得る方法について
『英語の経済指標・情報の読み方』(アルク)から紹介します。
経済統計や経済指標の数字を自分なりに加工してオリジナルの
グラフを作りたい時、ナマの数字が必要となります。ナマの数字を
エクセルなどのデジタルデータの形で得やすいのが、1次情報源です。

為替相場に興味がある読者なら、◆ソース◆の(2)のURLにある
ようなグラフを見たことがあると思います。URLは2次情報なのですが、
1次情報を英語で直接得る方法に関して、通貨先物の情報を例に
みてみます。

◆ドル円相場とIMMポジション
注目しておきたい統計の一つが、米商品先物取引委員会(CFTC)が
集計し、公表しているシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の
「IMM(国際通貨市場)ポジションです。CMMの通貨先物部門である
IMMの先物動向で、ポジションとは「持ち高」のことを示します。
建玉(たてぎょく)ともいいます。「円ロングのポジションが積み
上がっている」という具合に外国為替市場に関して説明することが
ありますが、「円の買い持ち高が膨らんでいる」ことを意味します。

IMMポジションでは、円を買ってドル売ったままの人(円買い持ち=
円ロング)、円を売ってドルを買ったままの人(円売り持ち=円ショート)が
どれだけの数量を商いしているかを確認できます。この推移を確認
するのは大事で、そうすることにより為替相場の先行きを予測しやすく
なると言われています。例えば、円のロングが増えたり、円のショートが
減っている状況なら、円を買う人が多く、将来、円高になる可能性が
高いと判断されます。

多くの市場関係者が注目しているのが、短期で取引を繰り返して
利ざやを稼ぐ投機筋のポジションの推移です。投機筋の中で主役に
なっているのが海外のヘッジファンドで、売買を活発に行っています。
投機筋がロングなのかショートしているのかをグラフ化したのが、
冒頭で紹介したウェブページなわけです。

◆1次情報へのアクセス方法
「IMMポジション」はCFTCのホームページから1次情報を得ることが
できます。行き方は以下の通りです。
【行き方】
(1)URL(トップページ):htttp://www.cftc.gov
(2)トップページで、上段に並ぶタブメニューの一つ「Market 
Data & Analysis」(市場データと分析)にカーソルを合わせる
(3)表示されるメニューのうち「Commitments of Traders」
(建て玉明細)をクリックする
(4)画面左側のメニューから、「Commitments of Traders」の
ブロックにある「Historical Compressed」(過去データ)をクリックする
(5)各種データがまとめられたページに移行
(6)ページの真ん中あたりにある「Futures only Reports」
(先物報告書)のやや下にある表から、閲覧したい年号と「Excel」を
クリックすると、圧縮フォルダの中に格納されたエクセルファイルが
ダウンロードできる
(7)A列「Market and Exchange Names」(市場・取引所名)を
スクロールして下にある行を見ていくと「JAPANESE YEN-CHICAGO 
MERCANTILE EXCHANGE」(日本円-シカゴ・マーカンタイル取引所)という
項目にたどり着く。これが円先物のポジションの推移を示している

【ダウンロードしたエクセル表の意味と見方】
B列:As Date In Form YYMMDD:日付 年月日
C列:Report Date as MM DD YYYY:報告日 月日年
I列:NonComm Positions Long All:投機玉の円買いポジション すべて
J列:NonComm Positions Short All:投機玉の円売りポジション すべて
(参考までに、「NonComm」は「Non-Commercial」の短縮で投機筋、
反対に「Comm」は「Commercial」で実需筋、「NonRept」は
「Non-Reportable」の短縮で報告の必要のない小口投資家の意味です)

「円買い」の数量が「円売り」の数量を上回っていれば、投機筋は
円買い越しとなっており、逆に「円買い」が「円売り」を下回って
いれば、投機筋は円を売り越しているという見方ができます。

◆為替だけでなく、原油先物(WTI)や金先物の投機筋のポジションも分かる
CFTCのサイトに格納している膨大なデータには、為替だけでなく、
原油価格の代表的な指標である米国のウエスト・テキサス・インター
ミディエート(WTI)先物や金先物など、世界の金融市場の関係者が
注視する商品相場の投機筋のポジションも含まれています。

CTFCが各取引所で売買されている為替、金利、商品先物などの
ポジションを取りまとめて公表するのは週に1回の頻度で、毎週金曜日の
午後3時(米国東部時間)です。発表するポジションは当該週の火曜日の
時点のものになります。

いかがでしたでしょうか。
商品先物のほか、米当局が定期的に発表し、経済ニュースによく
出てくる経済数字に米雇用統計、米ISM製造業景況指数などがあり
ますね。みなさんは1次情報を読んだことがありますか。米雇用統計や
米ISM製造業景況指数などの経済情報や経済統計、経済指標には
興味があるけれど、「1次情報の行き方は知らない」という読者が
いたら、同書が良い道先案内人になります。


◆ソース◆
================================
(1)『英語の経済指標・情報の読み方』(アルク)
https://www.amazon.co.jp/dp/4757430442
pp.67-73

(2)シカゴIMM通貨先物ポジションの推移
http://zai.diamond.jp/list/fxmarket/imm
================================