メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/04/12 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、朗読についてです。著書『英語は朗読でうまく
なる!』(アルク)から紹介します。著者は元・NHKアナウンサーです。
朗読によって「英語で伝える力」「表現力」が身につき、英語が
聞き手に魅力的に届くようになると同書では述べています。

「音読が大事」というのはよく聞きます。朗読と音読はどう違うの
でしょうか。音読は分からない単語の意味や発音を調べ、声に出して
確認していく作業です。それに対して、朗読はページに横たわった
文字を起き上がらせて、自分の声で聞き手の心まで届ける作業です。

朗読を練習するときには、英文に読み方の注意点などを書き込んで
練習します。自分にとって分かりやすいマークを決めておくと良い
でしょう。同書では、以下のような(1)~(9)の項目に対して、
下線などの記号をつけています。メルマガでは、マークを付ける
ことができないので、以下テキストで説明します。


◆英文に読み方の注意点を書き込むための朗読記号

(1)「間」
「間」は文章の意味で区切るための役割があります。聞き手の注意を
引きつけたいときに「間」を使うのが効果的です。間は1種類では
ありません。3種類ぐらいがあり、「短い間」「長い間」「たっぷり
長い間」――というような感じです。

(2)『』キーワード
小説なら主人公の名前など、話のポイントとなる、大事にするべき
言葉です。(ただし、必ずしも、強調して読むとは限りません)

(3)【】強調
声を変える、前後に「間」を取る、大きな声を出す、逆に、小さい声
でささやく、などいろいろな方法で聞き手に印象づける箇所です。

(4)( )軽めにさらっと読む
仮にその部分がなくても、大意に影響がない語句や文です。それなら、
なぜ軽めに読む箇所を存在させる理由があるのかというと、他をより
目立たせるという効果があるからです。

(5)《1》、《2》列挙されている項目を読む
複数の事項が列挙されている箇所を意識しながら読みましょう。
それぞれを同じ強さで読むことが大切です。番号を振っておくと
分かりやすくなります。

(6)息継ぎ
息継ぎとは基本的に「間」を取る時に同時に行います。息が続かない
場合は、この箇所で息継ぎしても良いでしょう。


(7)《 》ゆっくりハッキリ読む
文の終わりに余韻を持たせたいとき、また、内容をしっかり言い含め
たいときなどに、ゆっくりはっきり読んでみましょう。

(8)〔 〕一語のように読む
意味のまとまりがあり、単語ごとに区切るのではなく、一語のように
読んだほうが伝わりやすい箇所です。

(9)↑↓声のトーンを上げる、下げる
「明」と「暗」の対比を感じさせる語句がある場合には、トーンを
上げたり下げたりして、そのイメージを表現します。


◆オバマ前・米大統領の広島演説を朗読してみる

2016年5月、現職の米大統領として初めて広島の被爆地を訪れた
オバマ氏は、第二次世界大戦の犠牲者に哀悼の意を表す演説をしました。
オバマ氏が大統領として広島で伝えたかったメッセージとは何で
しょうか。スピーチ原稿を朗読するときは、まず、「何を伝えたい
のか」が明確でなければなりません。

文末の◆ソース◆に、演説の動画(YouTube)のURLをリンクしています。
オバマ氏の演説をコピーすることが朗読練習のゴールではありません。
あくまでも、自分がスピーチをする際に、説得力のある声で自分らしい
表現ができるようになるようにするのが朗読の練習です。「自分なら
この演説をどう世界に伝えるか」を考えながら朗読を練習します。
紙幅の都合上、冒頭の部分だけ紹介します。

スピーチ原文
〔《Seventy-one years ago》〕,短い間on 《a bright,〔cloudless 
morning〕》,短い間【『death』】 fell from the sky短い間and the 
world was changed.長い間〔A flash of light〕and a 〔wall of fire〕
短い間destroyed a city短い間and demonstrated短い間that mankind
possessed the means to destroy itself.たっぷり長い間

日本語訳
71年前、雲ひとつない明るい朝、空から死が舞い降り、世界は一変
しました。閃光と炎の壁が町を破壊し、人類が自らを破滅させる手段を
手にしたことを示しました。

朗読のポイント
スピーチの冒頭部分です。聴衆をいかに惹きつけるか。この最初の
発声が非常に大切です。真摯な気持ちで丁寧にゆっくりと、落ち着いた
声でagoまで一息で読み、1945年8月6日の原爆投下時に気持ちを
移行させていきます。

いかがでしたでしょうか。
オバマ氏の上記のスピーチは、メルマガの著者は見聞きした記憶が
ありますが、英語の意味を理解するのにやっとでした。今回改めて、
同書を片手にYouTubeの動画を見てみると、特に「間」が強調されて
いることが印象的なスピーチであることに気がつきました(同書では
冒頭部分だけでなく、全文を掲載して朗読する際のポイントを記号で
解説しています)。「間」によって聞き手の注意を引いたり、「次に
何が来るの?」と期待させる効果、考える時間を与える効果があるの
ですね。みなさんは、自分のスピーチをどのように魅力的に伝えますか?


◆ソース◆
=================================
『『英語は朗読でうまくなる!』(アルク)
https://www.amazon.co.jp/dp/4757430280
pp.19、21、36

オバマ前・米大統領の広島演説
https://www.youtube.com/watch?v=R29ujZv7VBM
=================================