shutterstock_334043390

今号のメルマガは、TOEICテストのリーディングセクションを攻略するために実践された“意外にラクな”勉強法についてです。書籍『捨てる英語勉強法』(明日香出版社)から紹介します。何ページにもわたる長文のリーディングが苦手という日本人は多いですが、みなさんはいかがでしょうか。その力試しとしてTOEICを指標に掲げている方も多いかもしれません。はたして、TOEICの勉強だけをして長文のリーディング力は上がるのでしょうか?

◆シドニー・シェルダンの小説を読むだけでTOEIC900点?

「TOEICテストのリーディングセクションの点数がなかなか上がらないのだけれど、どのような勉強法をするのがいいのだろうか?」とお悩みの読者はいらっしゃいませんでしょうか。もしそうだとしたら、おすすめの勉強法があります。

一生懸命机に向かって無味乾燥な長文の過去問題をカリカリ解き続ける勉強法は退屈極まりないのですが、それをしなくても、ちゃんと点数は上がるという方法です。方法もいたって簡単で、ただ、自分が大好きな本に夢中になるだけです。

TOEICテストのリーディングセクションの問題は、事前知識の有無に関係なく、英語さえ読めれば誰でも解けるように作られています。

ですから、内容に関係なく、一般的な大人向けの文章さえ読めるようになれば、特別なトレーニングをしなくても点数が取れるのです。逆に言えば、事前知識を問わないからこそ、TOEICテストで使われる文章は非常に単調なものばかりなのだというわけです。

学生時代、「TOEICテストの無味乾燥な文章を読み続けるのが嫌になった」という同書の著者は、思い切って過去問題や演習問題を解くのをやめて、好きな英語の本を読むことだけに英語を勉強する時間を使うようにしてみたのだと言います。同書の著者が当時読んでいたのは、世界で3億部売れたベストセラー作家シドニー・シェルダンの小説でした。『ゲームの達人』などが有名ですね。スリリングな展開で、読み始めると面白くてとにかく続きが気になり読みふけってしまう内容です。

そんな面白い内容だと、ところどころ英語についていけない部分があっても、ついつい引き込まれてしまいます。そうして小説を読んでいるうちに、面白いことに、試験の点数もするすると上がるようになったと言います。いわゆる勉強らしいことはやっていないのに、700点、800点、900点と順調に上がっていったといいます。

過去問題は、試験の前に形式や時間配分をおさらいするためだけに目を通せば問題ありません。それ以外は、スリリングな小説の世界に飛び込んだり、趣味の本の世界に没頭したりすることを同書の著者はすすめています。

ですが、「TOEICテストは問題量が多いので、楽しく本を読んでいるだけでは読むスピードが追いついていかず、問題を解く時間が足りなくなるのでは?」という疑問が起きます。

確かにTOEICテストの問題文と設問数はすざまじい量です。時間内に回答しきれなかった苦い経験を持つ読者もいるかもしれません。同書の著者も昔はそうだったといいます。

でも、普段から数百ページもあるような本を日頃から読んでいれば、試験に出てくる大量の文章もこわくなくなります。短時間でさくっと大意をとらえて読み進めることができるようになり、結果的に読書は読む力を根底から高めてくれるというわけです。

TOEICテストのリーディングセクションには、純粋な読解問題だけでなく、穴埋め問題も存在します。これも、基本的には本をたくさん読むことで対応できるようになると同書の著者は言います。

◆それでもTOEIC試験対策したい人は問題文の音読を

「シドニー・シェルダンの小説を読むだけのTOEIC対策では不安」という人には、同書の著者はプラスαで音読をすすめます。

穴埋め問題に答えを記入した完全な文章をただひたすら音読することを続けていると、正しい英語を“口が覚えてくれるようになる”と言います。

日本語の場合で言えば、助詞の「てにをは」が間違った日本語の文章を読むと、瞬間的に違和感を覚えます。それと同じように、音読を繰り返していると、英語でも間違った表現を見ると、感覚的に「何かがおかしい」とアンテナにひっかかるようになるのだと同書の著者は言います。

いかがでしたでしょうか。
みなさんはTOEICなどの英語試験のリーディングセクション問題に対して、過去どのように対策していた、あるいは現在対策しているでしょうか。


◆ソース◆
===============================
『捨てる英語勉強法』(明日香出版社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4756919103
pp.162-165
===============================


【記事提供元】実践ビジネス英語講座-PEGL[ペグル]-
8db277b8-e9bf-4e62-9a9d-7ae9a78d0136