メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/07/12 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、学校の英語の授業では教わらなった発音のルール
についてです。書籍『人生を変える英語力』(大和書房)から紹介します。

◆丁寧に発音しても英語は伝わらない?

「I・speak・English」と一つ一つの単語の後に間(ま)を入れて
明確に話すことと「1speakEnglish」とまるで一文が一単語になる
ように流れるような英語を話すことと、どちらがネイティブに通じる
のでしょうか。間違いなく後者の英語だと同書は述べます。むしろ
前者の英語ではネイティブには通じないと言っていいかもしれないと
まで指摘しています。

しかし、残念ながら「勇気を持ってこの発音の壁を越えることが
できている日本人は少ない」というのが現状なのだそうで、日本人が
話しているブツ切れ英語から脱却させ、「よりネイティブが話す
滑らかな英語に近づけるためのルール」を同書では解説しています。
このルールを徹底して繰り返し練習することにより、ネイティブが
話す抑揚のある英語に近づくことができるとすれば、皆さんも
チャレンジしてみたいと思いませんか?本メルマガでは紙幅の制限の
都合から、ルールを一つだけ紹介します。

◆ルール:母音を子音に引き寄せる

二つの隣接する単語で、初めの単語が子音で終わり、次の単語が
母音で始まるとき、後の母音は前の子音に引き寄せられる

例として、Japanese appleの発音を同書であげています。
「日本の・りんご」という意味を伝えることに注力しようとすると、
Japanese(間)appleという発音になります。実際の英会話では
Japaneseapple。躊躇なくZappleという音に変化します。一度自分で
Zappleが言えるようになると、先頭の「z」の音はJapaneseの語尾の
音であるという仕組みが理解できるので、聞き取れるようになります。
このように仕組みを理解したうえで発音練習していくと、自分の英語
が変わっていくと同書では述べています。発音を繰り返し練習すること
により、実はネイティブの英語が聞こえてくるようになると言います。

ヒアリングだけを繰り返している人がいつまでたっても英語が話せ
ないのは、ここに原因があります。原理原則のルールを理解した上で
英語を話す人になって初めて、相手が話す英語が聞こえてくるのです。
「話せない人には聞こえない」と同書では指摘します。

このルールを既に知識としてご存知の読者は多いと思います。そこで、
もう一つ問題を出します。

Chief Exective Officer
を発音してみてください。

Chiefexectiveofficer
カタカナで書く場合、単語末尾の子音と単語の始まりの母音をつなげる
知識を応用すると、素直に続けて発音すれば以下のようになります。

(1)チーフェグゼクティヴォフィサー

長くて舌をかみそうになって早口ではチーフ・エグゼクティブ・
オフィサーのほうが発音しやすいですよね。ですので、わざわざ
3単語をつなげて発音練習しないと思います。しかしながら、常に
Japanese appleのように単純な2単語だけとは限りません。

このような場合は、どのように発音練習したら良いのでしょうか。
実際の英語の発音は以下のようだと同書では述べています。

(2)Chie Fexecti Vofficer

【練習問題】
(1)Japanese apple
→Japane Zapple

(2)Good idea
→Goo Diea

(3)User interface
→Use Rinterface

(4)Chief Executive Officer
→Chie Fexecuti Vofficer

(5)I made up my mind.
→I ma Dup my mind.

(6)Business opportunity
→Busine Sopportunity

(7)Break even point
→Brea Keven point

(8)Competitive ananysis
→Competiti Vananlysis


いかがでしたでしょうか。
「母音を子音に引き付ける」という知識はあっても、Chief Executive 
OfficerをChie Fexecuti Vofficerのように発音するのをメルマガ筆者は
知りませんでした。カタカナ英語のチーフ・エグゼクティブ・オフィサー
とどうしても発音してしまいます。みなさんは、これまでどのように
発音していましたか?


◆ソース◆
================================
『人生を変える英語力』(大和書房)
https://www.amazon.co.jp/dp/4479795332
pp.99-101
================================