メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2018/07/26 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、知っているようで、日本で意外と知られていない
英語を紹介します。数ある中でも、今回は『日本人の9割が知らない
英語の常識181』(ちくま新書)から4つ取り上げてみたいと思います。

(1)“hobby”が意味するニュアンス

×ニュアンスがずれた日本人の英語

What's your hobby?

スモールトークの鉄板である「趣味はなんですか?」という質問
ですが、同書によると、ネイティブの感覚では、“hobby”は
「切手やコインを収集したり、模型を組み立てたりすること。
あるいは園芸や美術などの活動にいそしむこと」と日本の感覚
よりも本格的な“趣味”を指します。さらには「向上心を持ち
ながら、ひとりで長期にわたって打ち込んできた活動」といった
ニュアンスも持っています。というわけで、読書、映画鑑賞、
音楽鑑賞など暇な時にしていることは“hobby”に含まれません。

○ネイティブの英語
What do you like to do in your free time?

軽い雑談であれば「暇なときは何をしているのですか?」と尋ねる
のが一般的です。あるいは、以下のように問いかけることも可能です。

○ネイティブの英語
What do you spend your free time?

いずれにしても、上の二つの文章が日本語でいうところの「趣味は
何ですか?(≒暇な時は何をしているのですか)」に置き換えることが
できる英語表現です。

(2)「その本なら3冊買ったよ」と言いたい場合

日本人は以下のように言ってしまいがちです。

×ニュアンスがずれた日本人の英語

I bought three books.

上の文章のどこに問題があるのでしょうか。実は、この表現だと
「異なる3冊の本を購入した」と聞こえてしまいます。

○ネイティブの英語

I bought three copies of that book.

同じ本を3冊購入したときは“three copies”としなければなりません。
“copy”は印刷(複写・複製)された「(本・雑誌の)1冊」、
「(新聞の)1部」、「(CDや版画の)1枚」を意味します。

《例文》

This book sold 150,000 copies.
(この本、15万部売れたんだって)

I ordered two copies of that DVD, one for you and one for Naomi.
(そのDVDなら2枚注文しておいたよ。あなたとナオミのために)

(3)「携帯にメールします」と言いたい場合

×ニュアンスがずれた日本人の英語

I'll e-mail you.

上の文章だと「パソコンに電子メールを送るよ」という意味になって
しまいます。日本人はパソコンであれ、携帯であれ、「メール」は
すべて“e-mail”という単語を使う傾向にありますが、英語では
パソコンと携帯は分けて用いています。携帯に「メールする」は
“e-mail”ではなく“text”という単語を使います。ちなみに
“e-mail”も“text”も名詞と動詞両方に使います。

○ネイティブの英語

I'll send you a text.
I'll text you.

使い分けられるようになった経緯について、Text message(携帯
メッセージ)が“text”に省略して使われるようになり、さらに
動詞としても使われるようになったと同書では解説しています。

《例文》

Text me if you're running late.
(遅れそうだったら、携帯にメールください)

(4)「インスタ映えする」と言いたい場合

×ニュアンスのずれた日本人の英語

The food there is good for Instagram.

「あそこの料理はインスタグラムに適している」と発想する日本人が
多いと同書では言います。多分通じるでしょうが、ネイティブは上の
文章のようには言いません。

○ネイティブの英語

The food there is Instagramable.
The food there is Insta worthy.

いかがでしたでしょうか。
“Instagramamble”や“Insta worthy”は日本語の「インスタ映え」
と同様、誰ともなく使い始めた造語が自然に広まったのだと思い
ますが、「うまいこと表現するな」と感心させられます。いまや
「インスタ映え」意外では表現できないほど日本語として定着して
いますよね。“Instagramamble”や“Insta worthy”をこのままの
英語表現で覚えてしまいましょう。



◆ソース◆
================================
『日本人の9割が知らない英語の常識181』(ちくま新書)
https://www.amazon.co.jp/dp/4480071334
pp.24、41、55、56
================================