メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2019/02/21 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、ビジネスシーンによく出てくるお決まりの英語
表現についてです。みなさんも英語を頭の中で組み立てる時、
「和文英訳(直訳)すぎて、変かもしれない」「ネイティブはこんな
とき、何と言うのだろう」と考えることはありませんか。そんな
お決まりのビジネス英語フレーズについて、書籍『勉強時間は取れ
ませんが誰にでもちゃんと伝わるビジネス英語を教えてください』
(アスコム)から紹介します。著者はデイビッド・セイン氏です。

◆売上を報告する。

(1) 売上のほうはどんな感じ?
How are sales doing?

そのほかにも以下のような言い方があります。
How is the new product selling?
How is (品名) selling?
sellには「(人を主体にして)~を売る」のほかに「(物自体が)売れる」
という意味があるので、上のような表現ができます。

sellを使わずに、doだけを使うこともあるようです。How's (品名)
 doing?と聞かれたら、聞き手が知りたがっているのは、「売上」だと
悟らないといけませんね。
How's the new product doing?
(新製品の売上はどう?)

日本語では売上が「右肩上がり」「横ばい」「右肩下がり」などと
言います。みなさんはどのように英語で表現しますか。英語も
お決まりの表現があるので、知っておくと便利ですね。
メルマガ筆者がまず頭に浮かんだのが、
Sales are going up.
Sales are going down.
というストレートな言い方ですが、同書では以下のような表現を
紹介しています。

(2)売上は順調です。
Sales are strong.
Strongがsalesを修飾すると「売れている」⇒「売り上げは順調」
という意味になります。

(3)売上は横ばいです。
Sales are flat.
flatには「横ばい」の意味があります。Sales are flat.のほか
Sales stay flat.で「売り上げが横ばいだ」という英語になります。

(4)去年から売り上げが鈍っています。
Sales have been sluggish since last year.
Sluggishは「ゆっくりした」という意味ですが、売上などの表現では
「低迷している」「不振な」という意味になります。

(5)売上は下向きです。
Sales are going south.
Go southの直訳は「南へ行く」ですが、「低下する」「暴落する」
「失敗する」の意味にもなります。

◆進捗を報告する。

(6)今のところ順調です。
Everything's going well so far.
「今のところ」はso farで表現できます。

(7)すべて予定通りです。
Everything's going according to schedule.

(8)予定よりも早く進んでいます。
We are ahead of schedule.

(9)予定よりも少し早く進んでいます。
We are a little ahead of schedule.

(10)予定よりもかなり早く進んでいます。
We are way ahead of schedule.

(11)遅れは取り戻しました。
We're back on schedule.
be back on scheduleで「スケジュールに戻った」つまり
「遅れていた」という状況が以前にあって、「遅れを取り戻した」
という意味になります。

◆データについて話す。

(12)前年度と今年度の実績の比較をお願いします。
Please compare the year-on-year performance.
「前年比」という言い方を日本語ではしますが、「前年比」に相当
する英語が「year-on-year」です。知っていると便利に使えそうですね。

(13)営業報告は、週ごとに分けて、もう少し詳しくお願いします。
Let's show the sales report in weeks with more details.
Let'sというと、上から目線ではなく丁寧な指示になります。「週ごと
の詳細」の「週ごと」はメルマガ筆者は「week-by-week」が頭に浮かび
ましたが、in weeks with more detailが最もスマートだということです。


いかがでしたでしょうか。
同書にはプレゼンや商談で使う専門用語も紹介されています。
メルマガ筆者が初めて知ったのは「薄利多売」。英語表現はsmall 
profits and quick returns(略してSPQR)というようです。日本語
ですと「多売」ですが、英語だとquick returnsなのですね。
みなさんが知っているお決まりのビジネス用語や英語表現には
どのようなものがありますか?


◆ソース◆
================================
『勉強時間は取れませんが誰にでもちゃんと伝わる
ビジネス英語を教えてください』(アスコム)
https://www.amazon.co.jp/dp/4776210169
pp.91,92,143,166
================================