メルマガバックナンバーのコラムは、大前研一が自らが執筆・発行しているものではなく、

本講座の専属ライターにてお届けさせていただいております。

■━━━━━━━━━━━━━━━□
┃≪2万5000人以上が購読中!≫
┃最新の英語学習法&PEGL[ペグル]情報をお届け!
┃―――――――――――――――
┃週刊メールマガジン
┃「グローバルリーダーへの道」
┃2019/03/07 配信号
□━━━━━━━━━━━━━━━■

今号のメルマガは、二つの単語の最初と最後を取り出して、それら
を一つの単語にしたもの、つまり、混成語についてです。書籍
『謎解きの英文法 形容詞』(くろしお出版)のコラムから紹介します。

みなさんに質問します。次の単語は何と何が合わさってできたもの
でしょうか。

(1)smog
(2)flush
(3)spork
(4)blook
(5)fantabulous
(6)ginormous
(7)humongous
(8)bridezilla
(9)Bregret

正解は以下の通りです。

(1)smoke(煙)+fog(霧) ⇒ smog(スモッグ)

(2)flash(光をパッと発する)+gush(水などを大量に噴出させる) 
⇒ flush(水などで洗い流す)
例えば、トイレの水を流すときに、flushと言いますね。

(3)spoon(スプーン)+fork(フォーク) 
⇒ spork(先割れスプーン)

(4)blog(ブログ)+book(本) 
⇒ blook(ブログの内容を本として出版したもの)

(5)fantastic(すばらしい)+fabulous(とてもすばらしい) 
⇒ fantabulous(まったく素晴らしい、最高の)

(6)gigantic(巨大な)+enormous(巨大な) 
⇒ ginormous(とてつもなく大きい/多い)

(7)huge(巨大な)+monstrous(途方もない)+tremendous(巨大な) 
⇒ humongous(巨大な 途方もなく大きい)
上にあげた三つの単語からできていると考えられますが、hugeの
hu-とmonstrousのmon-が合わさってhumon-となり、それにhugeの
gがついてhumong-、そしてtremendousの-ousがついてhumongousと
なる、特殊な合成過程を経ていると同書では記述しています。

(8)bride(花嫁)+Godzilla(ゴジラ) 
⇒ bridezilla(結婚式の準備で横柄に我を通そうとする女性)
米国のTVで2004年から2013年まで放映された「Bridezilla」という
番組タイトルが由来です。普通の女性が、結婚式の具体的な計画が
始まった段階で、夢の結婚式を最高のものにするため、我を通し、
鬼のようになって結婚式の準備をするという内容とのことです。
「ジーニアス英和辞典」には、bridezillaが見出し語として登録
されています。

(9)Brexit(英国のEU離脱)+regret(後悔) 
⇒ Bregret(英国EU離脱への後悔)
英国で2016年6月23日に、欧州連合(EU)から離脱することの是非を
問う国民投票が行われ、離脱への賛成が過半数となりましたが、
「離脱」へ投票したことを後悔する人たちが現れ、Brexitとregretを
組み合わせてできました。Brexitと同じ意味を表す混成語に、
regret(後悔)とexit(離脱)を組み合わせたRegrexit(リグレジット)と
いうのもあるということです。

日本語では「混成語」と呼ぶようですが、英語では「かばん語」
(portmanteau word)というようです。なぜ「かばん」なのかというと、
由来は「鏡の国のアリス」にあります。2つの単語(の意味)が1つの
単語に詰め込まれていて、それはまるでportmanteau(両開き旅行
かばん)のようだ――という箇所がでてきます。portmanteauとは、
映画「タイタニック」に出てくるような、当時の船旅などに使う
大きな旅行かばんです。

「開かれた旅行かばんの両側に2つの語が別々に詰め込まれて1つに
なった語」という意味で「かばん語」と呼ばれているわけですね。

いかがでしたでしょうか。
かなり以前のことですが、メルマガ筆者が在籍していた(編集)職場で、
ある日突然、「Mook」(magazineとbookの混成語)という単語が流行り、
定義も定まらないまま、頻繁に使われるようになりました。Mookの
具体的なイメージや、本と雑誌と比べてコンセプトの長所がピンと
来ず、戸惑った経験があります。「『Mook』って何ですか?」と
誰に聞くのも自分が時代に取り残された頭の硬い人間のような気が
して憚られましたし、仕事でMookからは距離を置くようにしていました。

みなさんは、聞き慣れない混成語の突然の登場に困惑した経験は
ありませんが?


◆ソース◆
================================
『謎解きの英文法 形容詞』(くろしお出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4874247768
pp.141-148
================================