shutterstock_334043390

今号のコラムは、国内・海外の会議で異論を引き出すための便利な可視化ツール「Pros/Cons」マップについてです。Prosは良い点、Consは悪い点と言う意味で、物事の両面を並べて可視化すると、「Pros」「Cons」両方の意見を引き出しやすくなります。書籍『グローバル・モード』(ダイヤモンド社)から具体的な「Pros/Cons」の例とともに、問いを投げかけたり、意見を言うときに使う英語表現を紹介します。

欧州に支店を設ける適切な都市はパリかそれともアムステルダムかというテーマを例にとります。

【「Pros/Cons」マップの例】
[1] パリに支店を設ける     
―――――――――――――――――
Pros
・交通の便が良い    
・美食の地で接待しやすい  
・デザインセンスが良い
―――――――――――――――――
Cons
・家賃が高い      
・取引先が遠い
・英語よりもフランス語が優位
・治安がいまひとつ

[2] アムステルダムに支店を設ける
―――――――――――――――――
Pros
・英語が優位
・街が良く整備されている
―――――――――――――――――
Cons
・パリほどではないが、家賃が高い

「Pros/Cons」マップが優れている点は、上の図を出すと、両方の意見を書き出して余白を埋めようという共同作業となり、良い点と悪い点のどちらの面も気兼ねなく言いやすくなることです。明らかにメリットばかりが強調され、デメリットにまったく触れられていない状況のときなども、客観的でバランスの良い議論をうまく引き出すきっかけにもなります。

具体的には以下のように問いかけていきます。

【問いかけの文】
Let’s talk about the pros and cons of making a Paris branch.
(パリに支店を設ける場合の、良い点と悪い点を挙げてください)

What are the good and bad points?
(良い点・悪い点は何ですか?)

Can we list out the pros and cons for this?
(良い点・悪い点を書き出しましょう)

Are there any more good points?
(他に良い点はありませんか?)

Can you give me another good point?
(他に良い点はありませんか?)

意見を言うときは、他の意見と共存する余地を残すため、断定しないように慎重な表現を選ぶことに気を付けます。

【意見を言うときの文】
I think it’s good idea because…
(良いと思います。なぜなら…)

I don’t think it’s a good idea because…
(良いアイデアとは言えないと思います。なぜなら…)

I would say the good point is…
(良い点は…だと言えます)

I could add a bad point…
(悪い点を付け加えると…)

I have a pro. I think…
(良い点があります)

意見が出尽くしたら、以下のように何らかのまとめを投げかけることで、2つの選択肢の検討基準を明確にしていきます。

【まとめを投げかける文】
It seems we have many more cons for Paris than for Amsterdam.
(アムステルダムより、パリのほうが悪い点は多いですね)

Paris has so many great points. However, it also has a lot of negative points.
(パリには良い点がたくさんありますが、悪い点も多いですね)

いかがでしたでしょうか。
みなさんは、会議するとき、活発な意見を引き出すためにどのようなツールを使っていますか?


◆ソース◆
============================================
書籍『グローバル・モード』(ダイヤモンド社)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07WSM9XNH
pp.154-156
============================================


【記事提供元】実践ビジネス英語講座-PEGL[ペグル]-
8db277b8-e9bf-4e62-9a9d-7ae9a78d0136