海外駐在や海外出張を通じて、

外国人の同僚とコミュニケーションを取る方も多くいらっしゃると思います。


今回は、外国人と英語でやり取りをするときに、気をつけなければならないことをご紹介します。


【相手の意見をはっきり否定しない】


日本人同士のやり取りでは、相手の意見をはっきり否定することがあります。

例えば、会社の上司が部下に対し、「私は反対だ」と言ったり、時には、「全然だめだそんなもん」「出直して来い」等と厳しく否定する場合もあると思います。


しかし、外国人、特に欧米の人とのやり取りでは、たとえ上下関係があったとしても、こういった強い言葉で相手の意見を否定してはいけません。


例えば、”I disagree with your opinion”等の表現は控えるべきです。

なぜなのでしょうか。


”I disagree with your opinion”を日本語に訳すと「私は貴方の意見に反対だ」です。

日本人としては、そこまで強く否定されたとは感じません。

しかし、プロ意識やプライドの高い欧米人としては、大変傷つく表現なのです。


まるで「全然ダメ」くらいの強い否定として伝わってしまうのです。



【相手に配慮した言い方とは?】


それでは、相手の意見に反対したい場合、どのように伝えればよいのでしょうか。


答えは、婉曲的な表現を用いることです。

遠回しに、常に相手への配慮を込めた表現をするべきと言われています。


例えば、相手の意見に反対であったとしても、まずは、”You have great idea”(素晴らしいアイデアですね) と言って、一度褒めた上で、”But, I think that will get even better if we do…”(でも、こうすればもっと良くなると思う)と付け加えてから、自分の意見を述べるという方法があります。


相手の意見を全く受け入れられない場合でも、”I understood, but I have a rather different opinion”等の表現にとどめ、相手の意見を強く否定することは控えるべきです。



【欧米でのコミュニケーション】


外国人は、日本人と比べて自分の意見をはっきり主張するとよく言われます。

それはその通りなのですが、彼らが周囲に全く配慮をせずに、言いたいことを言っているかというと、そんなことはありません。


筆者も、アメリカに駐在したり、ヨーロッパの方々とも仕事をすることで知りましたが、彼らはそれぞれの主義や意見をはっきり持っていますが、伝え方はとてもマイルドです。


常に相手のプライドに配慮した伝え方をするように心がけていますし、それがマナーとして染みついています。

そう考えると、実は日本人同士のコミュニケーションの方が、よほど配慮にかけているのかも知れません。


グローバルコミュニケーションにおいては、相手へのリスペクトを常に心がけて言葉を選びましょう。


【記事提供元】実践ビジネス英語講座-PEGL[ペグル]-
8db277b8-e9bf-4e62-9a9d-7ae9a78d0136