大手グローバル企業の管理部門に勤務し、米国での駐在勤務経験のあるビジネスパーソンの実体験からお役立ちコンテンツをお届けします。

外国人との会議で活発に発言するためのマインドセット

海外駐在や海外出張をして、外国人と活発に議論を交わしながら、グローバルに活躍する。 そんなビジネスパーソンに憧れている方も多くいらっしゃると思います。しかし、映画やテレビドラマに出てくるビジネスパーソンみたいに、外国人の前で、流暢な英語で意見を述べられる日本人の方はどのくらいいるでしょうか。

特に、アメリカやヨーロッパの方々が、盛んに英語でやり取りをしている場では、英語力の問題で会話の内容を理解できなかったり、内容は理解できたとしても自分の意見を伝える自信がなかったりして、議論に参加できていない方も多いのではないでしょうか。

失礼なほど、アクティブであれ

筆者も、アメリカでの駐在生活を始めて間もない頃は、複数の外国人が出席する会議で発言することができませんでした。
言いたいことを英語でうまく伝えられる自信がなかったこともありますが、とにかく凄まじいスピードで会話が展開されていくので遠慮してしまい、発言するタイミングを見つけられないのです。

悩んでいた筆者は、アメリカ人の同僚に相談しました。すると、彼女はこのように教えてくれました。

「思ったことを、思ったときに、何でも話すべきだ。タイミングを待つ必要はない。発言したいことがあれば、誰かの発言を遮ってでも発言するんだ。とにかく、気にするな!」

多くの日本人は、相手の話を最後まで聞き、理解してから、自分の意見を話すことが良いコミュニケーションだと理解しています。それは、ビジネス以外の場面でも同じで、とにかく相手の話を途中で遮ることは、良い話し方とは考えられておらず、落ち着きのない印象を与えます。
しかし、外国人、特にアメリカ人にとってみれば、例えば、“Can I interrupt you?”と言って、相手の話を遮って自分の意見を言うことが日常的に行われており、当たり前の光景なのです。

アメリカ人も慣れているため、そのように会話を遮られたとしても、失礼な印象を持つことは基本的にはないようです。

外国人と日本人の言葉の重みの違い

このような違いが生まれる理由として、言葉の重みの違いがあります。
アメリカ人の場合には、とにかく口を開くことが大切であり、誰かに話をしながら自分の中で意見を纏めていきます。
他方、日本人は、自分の言葉に責任を持つという考えが強く、まず一旦自分の中で考えを纏めることに重きを置きます。

日本人にとって、外国人との会議では、まずは普段より軽い気持ちで発言をするのがちょうど良いのかも知れませんね。

【記事提供元】実践ビジネス英語講座-PEGL[ペグル]-
8db277b8-e9bf-4e62-9a9d-7ae9a78d0136