大手グローバル企業の管理部門に勤務し、米国での駐在勤務経験のあるビジネスパーソンの実体験からお役立ちコンテンツをお届けします。

憧れの海外駐在。得意の外国語を駆使して、現地スタッフとミーティングをしたり、海外ビジネスの舞台で大活躍したいですよね。

でも、少し待ってください。
海外で働くときには、注意すべきことがあります。

それは、現地スタッフの仕事を奪わないように気をつけることです。

アメリカ人の同僚を怒らせた話

以前、私はアメリカの子会社に、駐在員として赴任していました。
初めての海外駐在で、周りがびっくりするような実績を残そうと、初日から気合が入っていました。

そんな中、私は、アメリカ人の同僚が、とあるプロジェクトに関するメールを、他のチームメンバーに送り忘れていることに気づいたのです。

私は、良かれと思って、代わりにそのメールを送りました。
そうすることで、プロジェクトが止まることもなくなり、チームの役に立てる、そのアメリカ人からも日本と同じように、「フォローしてくれてありがとう」と言ってもらえると思ったのです。

また、私自身が戦力になるということを、早めに現地の同僚達にわかってもらいたかったのです。

しかし、翌日、そのアメリカ人の同僚から大変怖い顔で睨まれてしまいました。

上司からのアドバイス

何かまずいことをしてしまったのか。気になった私は慌てて日本本社の上司に相談しました。この方は、アメリカでの駐在経験の長い人でした。

私の話を聞いた上司はこう言いました。

「バカ野郎。お前のしたことは、海外では明らかにマナー違反だ。海外では、日本と違って、仕事が無くなればすぐにクビになるんだよ。お前は良かれと思っていても、その同僚はお前に仕事を奪われたと思うんだ。そして、お前のことを自分の生活自体を脅かす存在だと警戒する。 その辺りをわきまえないと、どんどん信用されなくなるぞ。」

それ以来、私は外国人と働くとき、彼らの仕事を奪わないよう、とても気を付けています。

日本と海外の働き方の違い

徐々に変わってきていますが、日本では未だに終身雇用が主流です。
入社当初担当していた仕事がなくなったとしても、解雇されることは中々ありません。

しかし、海外では、Job description(ジョブデスクリプション)という詳細な職務記述書に基づいた中途採用が主流であり、そこに書かれた仕事が不要になれば、その従業員は解雇されてしまいます。

ちょっとしたおせっかいが、海外現地スタッフを怒らせたり、警戒させることにもなりかねません。
海外で働く際には現地の社会システムや労働環境を知り、配慮することが必要です。


ビジネスのTPOに応じたニュアンス力や、ロジカル&シンプルに書く文章力、異文化を理解し課題解決をする力などを修得したい方は、ぜひPEGLの「ビジネス即戦力トレーニングコースA」をご覧ください!

詳細はこちら!
https://pegl.ohmae.ac.jp/course/business_a/

【記事提供元】実践ビジネス英語講座-PEGL[ペグル]-
8db277b8-e9bf-4e62-9a9d-7ae9a78d0136