英語ネイティブには通じない「和製英語」を以前にご紹介しましたが、まだまだあるので今回もクイズ形式でご紹介します!

あなたは「和製英語」を見分けられますか?

<クイズ>

【1】次の文房具の中で「和製英語」はどれ?

ホチキス
セロテープ
クリップ
シャープペン
ボールペン
サインペン
カッター

【2】次の中で「和製英語」どれ?

ワイシャツ
ブラウス
ワンピース
スカート
ズボン
パーカー
トレーナー
コート

<答え&解説>

【1】「ホチキス」「シャープペン」「ボールペン」「サインペン」

その他の「sellotape」「clip」「cutter」は英単語。
ただし、「sellotape」はイギリス英語で、アメリカ英語は「scotch tape」です。

また、「clip」も通常、「paper clip」や「foldback clip」などと表現します。
さらに、「cutter」は「切る道具」という意味になるので、「box cutter」と言いましょう。

・ホチキス⇒「ホチキス/ホッチキス」は商品名
最初に輸入されたのが「Hotchkiss No.1」というモデルだったために「ホチキス」と呼ばれるようになったそう。正しくは「stapler」で、ホチキスの芯は「staple」です。

・シャープペン⇒「sharp pencil」で通じると考えられがちですが、「mechanical pencil」が正しい表現です。

・ボールペン⇒正しくは「ballpoint pen」
通常、「pen」と言えば通じます。

・サインペン⇒正しい英語は「marker」
「サインペン」はぺんてる社の商品名です。

【2】「ワイシャツ」「ワンピース」「ズボン」「パーカー」「トレーナー」

その他の「blouse」「skirt」「coat」は英単語です。

・ワイシャツ⇒正しくは「shirt」
「ワイシャツ」の語源は「white shirt」で、「ホワイトシャツ」が訛って「ワイシャツ」になったそうです。

・ワンピース⇒正しい英語は「dress」

「ドレス」と聞くと豪華なイメージになりますが、英語では普通のワンピースでも「ドレス」と言うのが正しい表現です。
「one piece」は「一切れ」「一つ」という意味に過ぎないので要注意。

・ズボン⇒「ズボン」の語源はフランス語の「jupon(ジュポン)」と言われています。
ジュポンは「ペチコート」を意味し、本来の音が訛って変化したそう。正しい英語は「trousers」「pants」などです。

今回はいくつ正解しましたか?
普段から使い慣れているカタカナ言葉を英語だと思い込んでしまうととっさの時に意思疎通が出来ないことがあるかもしれません。

日頃から「これは英語?」と疑問を持つことから初めていきましょう!

【ビジネス英語を映像講義+ディスカッション+英会話で体系的に学びたい方必見】
実践ビジネス英語講座-PEGL[ペグル]-で学んでみませんか?

8db277b8-e9bf-4e62-9a9d-7ae9a78d0136